L1チェーン「Sui」430億円の資金調達を実施 | 電通も出資に参加
   公開日 : 2022/09/08

L1チェーン「Sui」430億円の資金調達を実施 | 電通も出資に参加

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

L1チェーン「Sui」の開発会社Mysten Labsが企業評価額20億ドル(約2870億円)で3億ドル(約430億円)の資金調達を実施したことが分かりました。

今回シリーズBラウンドで行われた資金調達では、FTX Ventures主導でa16zなど下記企業が出資に参加しています。

FTX Ventures (主導)

a16z、Jump Crypto、Apollo、Binance Labs、Franklin Templeton、Coinbase Ventures、Circle Ventures、Lightspeed Venture Partners、Sino Global、電通ベンチャーズ、Greenoaks Capital、O’Leary Ventures 他

大手VCのa16zは、昨年12月にも3600万ドル(約48億円)を投資。さらに、今回の出資には日本の電通グループのベンチャーキャピタルも参加しています。

Suiは元Meta(旧Facebook)社のDeimプロジェクトのメンバーが中心になって開発しているブロックチェーンプロジェクトで、開発言語にMoveが用いられているのが特徴の1つです。

同じく元Diemのメンバーによって開発され、Moveが採用されているAptosと並んで巨額の資金調達を実施しています。

Suiは、今年5月にdevnetをローンチ。6月には、インセンティブテストネット実施を発表しています。

記事ソース:The Block

画像引用:sui.io

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事