NFTプラットフォームSuperRareがオーディオビジュアルNFTの取扱を開始
   公開日 : 2021/03/16

NFTプラットフォームSuperRareがオーディオビジュアルNFTの取扱を開始

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

NFTプラットフォームであるSuperRareがオーディオビジュアルNFTの取扱を開始しました。

https://twitter.com/SuperRare/status/1370443036044460034?s=20

イラストのみのNFTを取り扱っていたSuperRareが、オーディオビジュアルNFTの取扱を開始しました。SuperRareはアーティストが自身のアートワークをNFT化し、販売することができるサービスです。

Ethereum上に構築されたSuperRareで発行されたアートワークは、二次流通であっても販売額が一定の割合でアーティストへ還元されると言う特徴があります。

今回SuperRareはオーディオビジュアルNFTを扱うにあたり、音声と視覚情報を同時に届けることができるマルチメディアだと説明しています。

現在SuperRareはオーディオビジュアルNFTを利用するアーティストを募集しており、こちらのリンクからサービスを利用することができます。

記事ソース:SuperRare

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事