台湾の台北富邦銀行 ブロックチェーン決済システムを導入
   公開日 : 2018/05/15

台湾の台北富邦銀行 ブロックチェーン決済システムを導入

ユッシCRYPTO TIMES公式ライター

主にPolkadot(ポルカドット)情報を発信します / CRYPTO TIMES(2018~) / 専門記事500本以上執筆 / 最先端情報を様々なアングルでお届けします。

この記事の3つのポイント!
・台湾の台北富邦銀行がブロックチェーン決済システムを導入
・国立政治大学の一部の場所にシステムを導入した
・台北市も、ブロックチェーン技術の導入に積極的

記事引用元:TAIPEI TIMES

台北富邦銀行がブロックチェーン決済システムを導入

台湾メディアのTAIPEI TIMESが台湾の台北富邦銀行ブロクチェーン技術に基づく決済システムを導入したと14日に報じました。

この決済システムは昨年の3月から開発が行われており、先日国立政治大学の一部の場所に導入されました。

この決済サービスを導入してから、決済取引数が2週間で当初の4倍に増加したそうです

このサービスは、台北富邦銀行の「Lucky Pay(ラッキーペイ)」という決済アプリケーションを使って利用されるようで、利用者は提携店舗の2次元コードを読み取ることで決済が可能となるようです。

事業者はブロックチェーン上に記載された取引を閲覧できるようになっており、事業計画を練る際などにこのサービスで得られた情報を利用することができるようです。

台北市は、ブロックチェーンを用いた大気汚染の最新情報の提供などのサービスを市民に提供することを発表しており、市全体としてもブロックチェーン技術の利用に積極的であることが分かります。

ゆっし
ブロックチェーン技術が身近のいたるところに導入される日も近いかもね。
ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事