Three Arrows Capital創設者「10ヶ国がBTCを法定通貨に」2022年を予想
   公開日 : 2022/01/27

Three Arrows Capital創設者「10ヶ国がBTCを法定通貨に」2022年を予想

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

シンガポールに拠点を構える資産運用会社Three Arrows Capitalの創設者-Zhu Su氏が、2022年にビットコインを法定通貨とする国が増えると予想しました。

同氏は自身のTwitter上で、

“「2022年の予想を1つだけするつもりで、それは少なくとも10ヶ国がBTCを法定通貨にするということです。」”

とツイートしました。

ビットコインのさらなる普及を予想するのは、Zhu氏だけではありません。

世界で初めてビットコインを法定通貨に定めたエルサルバドルのブケレ大統領は今月初旬、2022年の予測としてさらに2カ国がビットコインを法定通貨として定めると予想しています。

ブケレ大統領が上記のツイートをした数日後、南太平洋の島国トンガ王国でビットコインを法定通貨とする動きが進んでいることがわかりました。

トンガの貴族代表議員のLord Fusitu’a氏がツイートした内容によると、9月/10月にビットコインを法定通貨とする法案が議会に提出後可決、現在は国王の裁可を待っている段階としています。

昨年、ブラジルで労働者の賃金を暗号通貨で支払えるようにする法案が提出されるなど、世界各国で暗号通貨を取り入れる動きが見られています。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事