クレイグ・ライト氏がビットコインのホワイトペーパーおよびソフトウェアの著作権を取得
2019/05/22

クレイグ・ライト氏がビットコインのホワイトペーパーおよびソフトウェアの著作権を取得

Yuya【CRYPTO TIMES公式ライター】

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

分散型台帳技術の技術・応用両側面を幅広く学んでいます。

自身をビットコインの創設者「サトシ・ナカモト」であると主張するCraig Wright(クレイグ・ライト)氏が、米著作権局からビットコインのホワイトペーパーおよびソフトウェア初期バージョン著作権を取得したことがわかりました。

登録番号TXu 2-136-996にはライト氏がビットコインホワイトペーパーの著作権を保有することが記されており、有効日は2019年4月11日からとされています。

米著作権局ウェブサイトより|クレイグ・ライト氏にビットコインのホワイトペーパーの著作権が与えられている。

同様に、登録番号TX-8-708-058にはライト氏が開発したとされるビットコインネットワーク・バージョン0.1の大部分への著作権を同氏に与えるといった旨が記されています。こちらの有効日は4月13日からとなっています。

これを受け、ライト氏を「フェイク・サトシ」と呼ぶ者らは「米著作権局への著作権申請は誰でも行うことができ、同局は内容の正当性を調査することはない」とし、ライト氏の主張は依然嘘であると考えています。

Binance(バイナンス)のCEO・Changpeng Zhao氏も自身ツイッター上で「クレイグ・ライトは詐欺師だ」などと述べています。

ライト氏はもともとビットコイン開発コミュニティの初期メンバーで、ハードフォーク後はビットコインキャッシュ(当時BCH)へと移りました。

以降、同氏はBCHコミュニティとの意見相違からさらにハードフォークを組織し、ビットコイン・サトシバージョン(BSV)の開発に携わるようになりました。

ブロックチェーン技術界隈人物の多くはライト氏がサトシ・ナカモトであるという主張を否定しており、バイナンスなどの一部取引所はBSVの上場廃止にまで踏み切っています。

今回の件を初めに報道したライト氏支持派メディア・Coingeekは、当記事執筆時点で該当記事を取り下げ、ウェブサイトをメンテナンス状態にしています。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事