VeChain / VEN メインネット移行に伴うトークンスワップ情報
2018/05/29

VeChain / VEN メインネット移行に伴うトークンスワップ情報

Rabbit【CRYPTO TIMES 公式ライター】

RabbitCRYPTO TIMES 公式ライター

仮想通貨について詳しく書いていきたいと思います。

VeChainはメインネットであるThorのローンチに伴い、VENからVETへとトークンが移行します。

約30日後に行われるメインネットへの移行に合わせ、現在のERC20トークンであるVENを保有しているユーザーはトークンスワップの準備をする必要があります。

トークンスワップ自体はメインネットローンチ後に行うことが可能となるので、この記事を参考に準備をしておきましょう。

VENとVETの交換レートについて

トークンスワップを通して、1VENトークンは100VETトークンになります。しかし、保有しているトークンの価値は変わらないので、単純に1トークンあたりの価格が1/100になり、保有量が100倍になるということを意味します。

1トークンを100分割した理由について、VeChain財団は公式ツイッターアカウントでこう述べています。

VeChain財団からのコメント
私たちは、スマートペイメントにおいてトークン数が小数点になることを懸念しています。この懸念を払拭するため、メインネットのローンチに合わせて1VENを100VETへと分割することにしたのです。

つまり、使用しやすい単位でトークンの利用が行われるようにという措置のようです。

トークンスワップの方法

トークンスワップの方法はスマートコントラクトのようなシンプルなものです。

まず始めに、Thorメインネットのローンチと共にリリースされるVETウォレットのアドレスにVENトークンを送金します。

その後、VETウォレットソフトウェアが自動的にVENトークンをVETトークンに変換します。これでトークンスワップは完了です。

また、VeChainチームはトークンスワップには一定の時間を要することから、しばらくはVENとVETの両トークンに対応するとのことです。

まとめ

メインネットのローンチ後しばらくは両トークンに対応するようですが、VENトークンの仕様ができなくなる時がいつか来ます。

ホルダーの方々はなるべく早いトークンスワップを行いましょう。

CRYPTO TIMES LINE@で情報ゲット!

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事