VisaとMastercardが暗号資産カード発行業者の規制体制を強化
   公開日 : 2020/11/24

VisaとMastercardが暗号資産カード発行業者の規制体制を強化

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

VisaとMastercardが暗号資産サービスを提供するカードの発行業者に対する規制を強化しました。規制強化の対象となるのはKYCや対マネーロンダリングに関する行程です。

カードサービスを提供するためには詐欺やマネーロンダリングに関するチェックを含む情報の提出が必要となります。

また同時に、VisaとMastercardは既に顧客に対して暗号資産関連のカードサービスを提供している企業を含め、クリプト業界の企業へのサービスを拡大しています。

現在、各種取引所をはじめとした様々な企業がVisaやMastercardを用いた暗号資産サービスを提供しており、VisaカードではCoinbaseBinanceが出勤機能や買い物機能を提供、Mastercardでは暗号資産カードパートナープログラム(Crypto Card Partner Program)の促進などを行っています。

記事ソース:The Block

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事