「お金を稼ごうとしているだけ」イーサリアム創設者がハードフォーク推進者を批判
   公開日 : 2022/08/08

「お金を稼ごうとしているだけ」イーサリアム創設者がハードフォーク推進者を批判

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

イーサリアム創設者のヴィタリック・ブテリン氏が、予定されているイーサリアムのアップグレード「The Merge」の際に発生する可能性があるハードフォークに関して言及しました。

“「PoW(プルーフ・オブ・ワーク)を維持するためにイーサリアムのハードフォークを推進する人々(取引所)は、単に手っ取り早くお金を稼ごうとしているだけです。(一部要約) – 引用元:CryptoSlate」”

海外メディアによると、現在韓国で開催中のカンファレンス「Korea Blockchain week 2022」の記者会見に登場したブテリン氏は上記のように発言。さらに、PoWの維持を望んでいるユーザーを”エコシステムのアウトサイダー”と表現し、コミュニティ内ではPoSを支持する人が多数であると述べました。

ブテリン氏は、同会見の中で、ハードフォークが発生した場合の両チェーン上のNFTに関して「PoWのハードフォークが実質的なものになれば、市場の混乱は予見できる」と懸念を示しています。

先日、暗号資産取引所Poloniexは、イーサリアムがハードフォークした場合に誕生するとされているフォークコイン「ETHW」のサポートを行うと発表しました。

Poloniexの所有者でTron創設者のジャスティン・サン氏はこの動きを推奨し、新たなチェーンが実現した場合、開発者コミュニティ構築のため、最大100万ETHWを提供するとしています。

サン氏は、今回のブテリン氏の発言を受け、

“「Poloniexがハードフォークをサポートするのは利益のためではないと明確にする必要があります。PoloniexではETHS/ETHWの取引に手数料を請求しません。」”

ツイートしています。

イーサリアム最大のアップグレードとされるThe Mergeに関連し、今後さまざまな動きが市場で見られることが推察されます。

CRYPTO TIMESでは、The Mergeに関する解説記事と、さらに深掘りしたリサーチレポートを公開中ですので是非こちらを参考にしてみてください。

関連:【史上最大】イーサリアム「The Merge」が実装間近 | 概要を詳しく解説

記事ソース:CryptoSlate

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事