8月よりビットコインがもらえるアプリゲームとなったウィムジカルウォーをあなたはご存知でしょうか?

これまでビットコインがもらえるゲームアプリはいくつかあり、私ゆっしもほとんどやってきましたがウィムジカルウォーは群を抜いて圧倒的に面白いです!

9月28日には賞金総額300万円の大会も開催され、少しでも気になる方は是非この記事を読んでどんなゲームか知っていただけたらなと思います。

それではウィムジカルウォーの紹介をしていきたいと思います!

ウィムジカルウォーはどんなゲーム?

ウィムジカルウォーはGMO社が提供するリアルタイム型の陣取りゲームです。

3分間で相手よりも多くの陣地を取るか、相手のタワーを倒すかで勝敗を競います。

世界中のプレイヤーと1対1のオンラインバトルが可能となります。

これだけではまだ分からないと思うので、詳しいルールを見ていきましょう。

ルール

ウィムジカルウォーのルールはざっくりまとめると以下の5つです

・対戦時間は3分
・8体のユニットでデッキを組んで勝負に挑む
・ユニットを召喚して攻防を行う
・ユニットが通過したところは自分の陣地となる
・時間終了時に相手よりポイントを多く取っているor相手のタワーを破壊すれば勝利

ウィムジカルォーには種類豊富な動物ユニットがいて、あらかじめ8体のユニットでデッキを組み勝負に挑みます。

ユニットをフィールドに出すと自動で敵の方向に進んでいきます。

自分のユニットが通ったところは青色に塗られていくのでそこが自分の陣地となりポイントをゲットできます。

相手の防衛システムのタワーを壊すと追加でポイントをゲットすることもできます。

自分が今相手と比べてどれくらい陣地ポイントを持っているかは上の表示で確認することができます。

「時間終了時に相手より多くのポイントを取っている」or相手のタワーを破壊する」ことで勝利となります。

ウィムジカルウォーの魅力とは?

ウィムジカルウォーの基本的なルールを説明させていただいたところで、次にその魅力について語りたいと思います。

どういう点でゲームとして優れているかなどを説明していきます!

相手との駆け引きが面白い

先程のルール説明だけ聞くと単純なゲームだと感じてしまいますが、ウィムジカルウォーはユニットを出すタイミングや場所などを考え、相手と駆け引きしなければいけません。

ユニットには戦闘の方法にタイプがあります。相手の召喚したユニットに不利なユニットを召喚してしまうと一気に盤面が変わってしまうのです。

ここで実際の画面を見ながら例をあげてみます。

私は先に強力なカバのユニットを召喚しました。

これを見て相手は、ひよこのユニットとハトのユニットを出してきました。

攻撃力ではカバの方が圧倒的に強いのですが、カバは地上の敵しか攻撃することができません。

ひよこの群れを攻撃してる間に、ハトの集団でボコボコにされてしまいました。

このようにウィムジカルウォーは強力なユニットがある場面では全く役に立たなかったり、逆に弱小ユニットでも場面によっては超強力になったりするのです。

ユニットを出すタイミングや場所を一瞬で的確に判断しなければならない緊張感たっぷりのリアルタイム型陣取りゲーム、それがウィムジカルウォーなのです。

キャラクターが豊富

さて、ウィムジカルウォーのゲーム性の面白さが伝わったでしょうか。そのゲーム性をさらに複雑&面白くしているのがキャラクターの種類の豊富さなんです。

先程、カバやハトなどのユニットを紹介しましたが、ウィムジカルウォーには全部で53体(記事執筆当時)のキャラクターがいます。

それぞれ全て・動くスピード・戦闘タイプ・攻撃のスピードなどが違いますので、どんな相手が来ても対応できるデッキを作り上げる必要があります。

相手のタワーを壊しに行く攻めのスタイルのデッキにするのか、コツコツ陣地を取る守りのスタイルのデッキにするのか個人の好きなように決めることができます。

ギルド制度

ウィムジカルウォーにはギルド制度というものがあります。

ギルドの中では攻略のために色々と議論を交わしたり余っているユニットを譲り合ったりすることができます。

この画像の中のギルドでは過去の試合動画をシェアしていますね。

ウィムジカルウォーではユニットのレベルアップは、同じユニットを一定数集めることによって行うことができます。

自分で集めることも可能ですが、どうしても集まりにくいユニットなどが出てくるのでギルドでの譲渡はゲームを進めていく上で大事なポイントとなってきます。

報酬でビットコインがもらえる

ウィムジカルウォーには8月よりGMOの「CryptoChips」というシステムが導入されています。

「CryptoChips」は、ゲームアプリに実装することで、ゲーム内ランキングや、ミッション達成時などの条件に応じて、報酬としてプレイヤーにビットコインを配布できる仕組みです。

気になる報酬ですが、現段階では下記のようになっています。

1位になるのは難しいゲームですが、31-100位くらいならある程度やれば狙えると思います。

ゲームを楽しみながら、ビットコインを貰えるのは嬉しいですね。

そして、このCryptoChips実装を記念して、東京で賞金総額300万円の大会の開催が行われました。

2018年9月28日に東京のベルサール六本木で行われたこの大会の賞金は以下のようになっており、優勝者には150万円相当のビットコインがもらえたようです。

ゲーム方式はフリーバトル(レベルが統一される)になっていたので、仮に後から始めた人でもデッキの組み方や戦い方次第で優勝を狙うことができます。

まとめ

ウィムジカルウォーの紹介をしてきましたがいかがだったでしょうか。

ウィムジカルウォーは今回の大会をきっかけとしてさらに人気があがれば、ビットコイン報酬や大会賞金がもっと高額になる可能性もあります。

また現在もまだまだアクティブユーザーもいるので、是非参戦してみてください!!

最後まで読んでくださってありがとうございました!

ダウンロードはこちらから(ios/Android)