世界銀行が世界初となるブロックチェーン上での債券を発行
   公開日 : 2018/08/30

世界銀行が世界初となるブロックチェーン上での債券を発行

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

この記事の3つのポイント!

  • 世界銀行が世界初となるブロックチェーン技術なみで発行・管理を行う債券を発行
  • 豪コモンウェルス銀行 (CBA) が単独幹事
  • 債券の愛称は「bondi (ボンダイ) 」、利回りは2.251%で今月28日が発行日

記事ソース:World Bank launches world-first blockchain bond

世界銀行は23日、世界初となるブロックチェーン技術のみで発行と管理を行う債券を発行しました。

期間は2年間で、発行規模は1億豪ドル (7316万ドル) 、日本円にして81億円超になります。

今回の試みは、ブロックチェーン技術によって債券発行の慣行を改善できるかをテストする目的があります。

豪州最大の銀行であるオーストラリア・コモンウェルス銀行 (CBA) が単独幹事となり、利回りは2.251%で今月28日が発行日となります。

発行された債券は「Blockchain Operated New Debt Instrument」の頭文字をとり、さらにオーストラリアの有名なビーチ「Bondi Beach」にちなみ、「bondi (ボンダイ) 」という愛称がつけられました。

世界銀行の債券は、債券発行のプロセスをマニュアルからより速くより安価な自動化に移行する最初のステップであると見られています。

世界銀行債券の格付けはAAAであり、世界銀行は発展途上国への支援のために年間500億〜600億ドルの債券を発行しています。

Daichi
ブロックチェーン技術が国際機関などに浸透することで、さらなる利用や普及を期待できそうですね
ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事