WSJが1450のICOを調査し、約2割が危険だとする結果を発表
   公開日 : 2018/05/19

WSJが1450のICOを調査し、約2割が危険だとする結果を発表

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis
この記事の3つのポイント!
1.WSJが1450のICOを精査し、19%に危険信号が見つかったと発表
2.19%のICOの中には情報を隠蔽しているものからホワイトペーパーの盗用まで確認された
3.ICOという資金調達方に関して世界で意見が別れている
記事ソース:WSJ

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)1450件のICOを調査し、そのうちの18.6%に危険信号が見つかったとという結果を17日に発表しました。

WSJは最新のICO案件の調査を実施し、2割弱に当たる271件で紛らわしい戦略や詐欺的戦略すら発見されたとしています。これらの戦略は、様々なバリエーションが存在していたようで、発行元の所在地や責任者に関する情報を隠していたものから、財務状況の隠蔽や、ホワイトペーパーの盗用まで散見されたと言います。

271件にも登る疑わしいICOの中にはすでにプロジェクトが閉鎖されたものもあり、投資家は2億ドル以上にもなると見られる損失を回収すべく、起訴する予定です。

規制当局は疑わしいICOに対処する努力を続けており、米証券取引委員会(SEC)は国内のICOに対する監視を厳しくすることを検討しています

現状ICOで資金を調達することに関しては世界中で意見が別れており、イギリスのプラットフォームであるCoinSharesのダニー・マスターズCEOは「ビットコイン市場の成長にはICOの改善が不可欠である」と述べています。

一方の中国に拠点を置くBinanceの趙長鵬CEOはICOを褒め称え、従来のベンチャーキャピタルの100倍簡単と評価しました

kaz
調べるフィールドにもよるだろうけどスキャム率もっと高いと思ってた

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事