韓国の開示プラットフォーム『Xangle』がインドネシアのブロックチェーン協会と提携
   公開日 : 2020/02/19

韓国の開示プラットフォーム『Xangle』がインドネシアのブロックチェーン協会と提携

Crypto Times 編集部

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

-Asosiasi Blockchain Indonesia(ABI) は規制当局や加盟国と協力して、今年発表される予定のインドネシア国内の規制に関しての最終決定を下している

-Xangleは暗号化プロジェクトに関するオフチェーンおよびオンチェーンのデータを提供し、ABIが規制当局への勧告に使用


仮想通貨開示プラットフォーム(ABI)を運営するCrossangle社が、Asosiasi Blockchain Indonesiaとパートナーシップ契約を締結しました。

ABIはXangleが提供するデータを利用して、市場やプロジェクトを深く理解することで、インドネシアの規制当局に勧告を行います。これは、Xangleとその開示が規制と制度化を支援するために利用された初めての事例となります。

Xangleはフルスコープの暗号通貨開示プラットフォームで、オフチェーンの企業情報と個別のオンチェーンデータおよび統計を提供しています。

220以上のプロジェクトがこのプラットフォームを通じて重要なアップデートを積極的に共有しており、重要な進捗とアップデートの重要なソースとなっています。

Xangleはすでに55社以上の主要な業界パートナーと提携しており、500を超えるブロックチェーンプロジェクトのデータベースを持っている。Xangleは、誰もが重要な情報にアクセスできるように、より多くのデータポイントの統合と標準化を継続したいと考えています。

インドネシアにおけるブロックチェーン企業の唯一の団体として、ABIは業界のポジティブな成長と発展に貢献しています。

ABIは、学生と規制当局の両方にガイダンスと教育を提供しており、ブロックチェーン技術と暗号資産が可能にする価値の大衆認知に貢献している。

ABIは「規制当局と緊密に協力し、業界の成長と離陸を支援するためのより良い枠組みの構築に注力する」と述べており、彼らは「より多くのユースケースを参照する」ことを望み、「2020年の同産業に対する関心の急上昇」を期待しています。

Indodax、Coinone Indonesia、Rekeningkuのような国内トップの取引所を含むABIのメンバーがXangleとの契約に合意した。より多くのメンバーが、Xangleのデータを運用に活用するためにXangleと協議を重ねている。

詳細については、https://xangle.ioを参照してください。


「Xangle logo」の画像検索結果

**Xangleはフルスコープの暗号通貨開示プラットフォームで、個別のオンチェーン・データと統計に加えて、オフチェーンの企業情報と重要な開示を提供する。Xangleはすでに55社以上の主要な業界パートナーと提携しており、500を超えるブロックチェーンプロジェクトのデータベースを持っている。250以上のプロジェクトが、プラットフォームを通してニュースを積極的に開示し発表していると言われています。

Xangleは、より多くのデータポイントの統合と標準化を継続し、重要な情報に誰もがアクセスできるプラットフォームを目指しています。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事