米国規制を受けRippleが国外への移転を検討
   公開日 : 2020/10/09

米国規制を受けRippleが国外への移転を検討

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

Rippleが米国における暗号資産関連の規制が原因で、米国からの撤退を検討している旨を明らかにしました。

Rippleの共同創業者でありシニアエグゼクティブであるChris Larsen氏によると、現在サンフランシスコにあるRippleの本部を米国国外へ移すことを検討していると明らかにしました。

同氏は「連邦政府、特にSecurities and Exchange Commission(証券取引委員会)による暗号資産業界に対する厳しい対応に嫌気が差している」とコメントしています。

他国は米国に比べ比較的寛容な規制を行っていると説明した上で、仮にRIppleが米国を撤退する場合はイギリスまたはシンガポールに移転する可能性が高いとしています。

銀行間送金に取り組むRippleは先日、スマートコントラクトに関する特許を米国で取得しました

記事ソース:FORTUNE

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事