Braveブラウザの広告が好成績を提示、最高CTRは15.8%新たな広告セクションも追加
   公開日 : 2020/09/17

Braveブラウザの広告が好成績を提示、最高CTRは15.8%新たな広告セクションも追加

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

Braveブラウザが追加した新たな広告が高い成績を示していることを発表し、新たに好調な広告に関する情報を閲覧できる広告セクションを追加しました。

Braveブラウザは、精密な広告ブロック・プライバシー保護機能と、承認された広告を閲覧するだけでトークンを稼げる仕組みを搭載したウェブブラウザです

BraveはBlockFiをはじめとしたCulprit、Nexo、eToro、Uplandなどの企業広告を掲載するイメージ広告を掲載しており、高いユーザーエンゲージメントを誇っています。平均CTR (click-through rate)は業界平均が2%であるところをBraveは9%と高い水準をたもっています。またスポンサーによるキャンペーン更新率は90%とこちらも高い割合になっています。

稼げる次世代ブラウザBraveの使い方はこちらの記事で詳しく解説しています。

記事ソース:Brave

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事