Binance、イーサリアム「マージ」への対応を追加発表
   公開日 : 2022/08/26

Binance、イーサリアム「マージ」への対応を追加発表

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

Binanceがイーサリアム最大のアップグレードThe Mergeに対する最新の発表を行いました。

Binanceは、The Mergeにおけるコンセンサスレイヤーでのアップデート「Bellatrix」と実行レイヤーでのアップデート「Paris」の2つの段階で、ETHやERC-20トークンの入出金を下記日時で一定時間停止するとしています。

  • 2022-09-06 20:00  -「Bellatrix」アップグレード
  • 2022-09-15 09:00  -「Paris」アップグレード

また、BinanceはThe Mergeで起こりうる2つのシナリオを想定し、それぞれに対する対応を発表しています。

新しいトークンが作成されない場合

  • ETHとERC-20トークンの入出金をできるだけ早く再開予定
  • さらなるアナウンスが掲載予定

チェーンが分裂し、新しいトークンが作成された場合

  • Ethereum PoSチェーンに「ETH」のティッカーを使用
  • Parisの実行レイヤーのアップグレード前のETH残高のスナップショット( ETHメインネットブロックバイト15,540,293、または 2022-09-15 09:30 でおよそ1:1の割合でフォークされたトークンをユーザーのBinanceアカウントにクレジット )
  • フォークされたトークンの出金をサポート
  • 配布に関する詳細は、別の発表で記載予定

上記以外にも、Binance Crypto Loanやステーキングに一定時間制限がかかるとしています(詳細)

先日イーサリアム財団が発表した内容によると、The Mergeはマイニングの累積難易度を示すTTD(Terminal Total Difficulty)の値が58750000000000に達した時(9月10日~20日)に実行されます。

記事ソース:Binance

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事