bitFlyerがセキュリティ付きのブロックチェーン投票によるバーチャル株主総会を開催
   公開日 : 2020/06/11

bitFlyerがセキュリティ付きのブロックチェーン投票によるバーチャル株主総会を開催

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

bitFlyer Blockchainが、マイナンバーカード認証を活用した「なりすまし防止機能付き」 のブロックチェーン投票サービス「bVote」を開発しbitFlyer Holdingsの臨時株主総会にて同サービスを利用したバーチャル株主総会を開催します。

「なりすまし防止機能付き」のブロックチェーン投票によるバーチャル株主総会の開催は 世界初の事例となります。

ハイブリッド株主総会の課題であるなりすまし行為を、独自開発したマイナンバーカード認証を活用したブロックチェーン ID サー ビス「bPassport」で防止し、ブロックチェーン投票サービス「bVote」により「票や集計結果の改ざ ん防止」を実現しました。

6月26日の株主総会の後、サービスに問題がなければ秋頃からbVoteのサービス提供を開始する見込みです。

bitFlyerは「bVoteの提供により、公正で透明性の高い株主総会の実現、株主および株主総会 事務局の負担軽減をサポートし、将来的にはその他会議体および各種選挙への適用を見据え、より利便性のある意見集約サービスの実現を目指す」とコメントしています。

暗号資産取引所bitFlyerの使い方はこちらの記事で詳しく説明しています。

記事ソース:bitFlyer

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事