Bakktが現金決済によるBitcoin先物事業の承認に向けて、シンガポールの金融庁と協議中
   公開日 : 2019/11/13

Bakktが現金決済によるBitcoin先物事業の承認に向けて、シンガポールの金融庁と協議中

Crypto Times 編集部

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

現物決済のBTC先物を提供するBakktが2020年までに現金決済のBTC先物の承認を求めてシンガポール金融庁と協議中であることを発表しました。

Bakkt COO Adam White氏によるとCoinDesk主催のInvest : NYCにて、Intercontinental Exchange(ICE)子会社が製品の追加に取り組んでいることを述べています。

ここ数週間で、同社は既存の先物商品に加え、オプション契約を提供する意向も発表、来年には消費者向けアプリの提供も予定しており、同月12日には機関投資家向けのカストディサービスの提供も開始することを発表しました。

ビットコイン先物のBakkt(バックト)が世界中で注目される理由とは – CRYPTO TIMES

記事ソース : CoinDesk

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事