Circle社、$EUROCを2023年にSolanaで展開
   公開日 : 2022/11/07

Circle社、$EUROCを2023年にSolanaで展開

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

USDCを手掛けるCircle社が、現在ポルトガルで開催中の「Solana Breakpoint」にて、ユーロペッグ型ステーブルコインEUROCを2023年前半にSolanaに展開することを発表しました。

現在EthereumでサポートされているEUROCは、Cicle社が現在手がけているクロスチェーン転送プロトコルを介してSolanaに対応予定としています。

大手取引所FTXは、ローンチ時には入金・引き出し・取引のサポートを予定。RaydiumやSolendといったSolanaの主要DeFiプロジェクトもEUROCを取り扱う意向を示しています。

Solana Labsの決済責任者Shere氏は今回の発表に関して下記コメントを残しました。

“「Euro CoinがSolanaで利用可能になることで、インスタントFXの新しいユースケースが解放され、新しいベース通貨でトレーダーにオプション性を提供し、Euro Coinの貸し借りが可能になり、Solana Payの決済通貨としてUSDCと並んで利用可能になります。 Solanaのようなほぼ即時決済が可能な高速で効率的なチェーン上のEuro Coinなどのステーブルコインは、銀行やフィンテックの未来となるでしょう。 – 引用元:Circle」”

先日、大手仮想通貨取引所のBinanceは、ステーブルコインのBUSDへの統合を発表し、USDC、USDP、TUSDの3つのステーブルコインを自動でBUSDへ変換する仕組みを導入しました。

上記施策について、Circle社CEOのジェレミー・アレイル氏は「USDCのユーティリティが増えるだけ」と発言。直近の時価総額をみると、USDCとBUSDは反対の方向に推移していることが分かります。

過去180日間の時価総額の推移 (左 – USDC、右 – BUSD) | 画像引用元:CoinGecko

現在、EUでは各国の法律を超えて適用される仮想通貨規制法案「MiCA」の制定が進められており、その中で「ステーブルコインの準備金要件」が定められる予定です。今後、Circle社が手掛けるEUROCの動向に注目が集まります。

記事ソース:Circle

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事