金融大手Fidelity、HSBCがNFTやメタバース関連の商標を申請
   公開日 : 2022/12/27

金融大手Fidelity、HSBCがNFTやメタバース関連の商標を申請

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

金融サービスを提供する大手企業Fidelity InvestmentsとHSBCがNFTやメタバースに関わる商標登録の申請を行なっていることが分かりました。

米ボストンに本拠を構え裁量権のある総資産が3.6兆ドル(2022年9月時点)を保有する世界最大の資産運用会社の1つであるFidelityは、NFTマーケットプレイスや仮想不動産投資、仮想通貨取引などに関連する3つの商標をUSPTO(米国特許商標局)に申請しています。

Fidelityは商標の適用範囲として、テキストとグラフィックコンテンツを対象としたNFT、メタバースでの仮想通貨取引や仮想通貨ウォレットなどのサービスを挙げています。

数兆円の資産を有する世界最大の銀行及び金融サービス機関であるHSBCも、NFTや仮想通貨関連の商標申請を行なっていることが明らかとなりました。

HSBCは社名とロゴに関する2つの商標出願をUSPTOに申請し、メタバースでの銀行サービスやNFTによって認証されたダウンロード可能なデジタルファイルなどを適用範囲として挙げています。

Fidelityは2022年後半に従業員を倍にし、さらに10月にはデジタル資産部門に100人の従業員を雇用。

HSBCは、2022年3月にThe Sandboxと提携し、さらにアジアの富裕層や香港、シンガポールのプライベートバンキング部門の顧客を対象としたメタバースファンドを設立しています。

記事ソース:Twitter、Bloomberg

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事