仮想通貨取引所「FTX」元CEO、2.5億ドルの保釈金により保釈
   公開日 : 2022/12/23

仮想通貨取引所「FTX」元CEO、2.5億ドルの保釈金により保釈

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

バハマで逮捕後米国に引き渡され拘留されていた仮想通貨取引所FTXの元CEOサム・バンクマン=フリード氏(通称:SBF)が、2.5億ドルの保釈金により保釈されました。

今回結ばれた保釈協定では、特定タイミングでの出廷を行う約束が含まれており、位置監視機器を利用しての軟禁、支出や商業活動の制限なども要求されています。

裁判前の保釈金として史上最高額とされる日本円にして約330億円にのぼる保釈金を請け負った人物は4人で、そのうち2人はサム氏の両親であることが判明。SBFの両親は連帯保証人として自宅の所有権を担保に充てているとしています。

SBFの次回の出廷は、来年1月5日を予定しています。

映画『マネーボール』や『マネー・ショート 華麗なる大逆転』などの原作を手がけたマイケル・ルイス氏が手がけているFTXの経営破綻をテーマにした書籍のストリーミング権に関してAppleが数億円で契約しようとする動きも見られており、業界外からのFTXやSBFへの注目が集まっています。

記事ソース:The New York Times

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事