Ripple(リップル)社の技術を利用した国際送金サービスがクウェートのイスラム系大手銀行で開始!クウェート内でリップル社の技術採用が増加中!?
   公開日 : 2019/01/08

Ripple(リップル)社の技術を利用した国際送金サービスがクウェートのイスラム系大手銀行で開始!クウェート内でリップル社の技術採用が増加中!?

ユッシCRYPTO TIMES公式ライター

主にPolkadot(ポルカドット)情報を発信します / CRYPTO TIMES(2018~) / 専門記事500本以上執筆 / 最先端情報を様々なアングルでお届けします。Twitter:@cryptoyusshi

ct analysis
この記事の3つのポイント!・クウェート最大のイスラム系銀行がリップル社の技術搭載の国際送金サービスをローンチ
・ローンチされた新サービスでは、手数料無料で特定の世界大手銀行に国際送金できる
・クウェート国内では既に2つの大手銀行がリップルの技術を採用済

記事ソース:Twitter

中東クウェートの銀行「クウェート・ファイナンス・ハウス(KFH)」がリップル社のブロックチェーン技術を利用した国際送金サービスを開始したことをTwitterで発表しました。

「Instant International Transfer」と呼ばれるこの新しいサービスは、リップルネットを介して手数料無料で世界大手銀行のAI Rajhi銀行に送金を行うことが可能となっています。

昨年2018年5月KWHは「クウェート国内でリップル社のブロックチェーンを活用する初めての銀行になる」と発表しました。

しかしながら、先日一足早くクウェート国立銀行(NBK)がリップル社の技術を利用した送金サービスをローンチしています。

クウェート最大のイスラム系銀行の「クウェート・ファイナンス・ハウス(KFH)」と、世界最高水準の「クウェート国立銀行(NBK)」がリップル社の技術を採用したことにより、今後さらに中東でリップル社の技術が広がっていく可能性が高まりました。

ゆっし
中東って日本にあまり馴染みが無いからあまり感覚的にはよく分からないけど、当然大きなお金が動いているんだよね。リップル社の技術はますます世界に広がっていきそうだね。
ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事