LINE Blockchainを用いた初の外部企業サービスを8つ発表
   公開日 : 2020/10/01

LINE Blockchainを用いた初の外部企業サービスを8つ発表

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

LINEが独自に開発したブロックチェーン「LINE Blockchain」を用いた外部企業サービスを発表しました。

企業は、開発プラットフォーム「LINE Blockchain Developers」を通じて「LINE Blockchain」を基盤としたブロックチェーンサービスを構築できます。

今回発表された、LINE Blockchainの導入を行う予定である企業のサービスは以下の通りです。

  1. モバイルRPGゲーム「ナイトストーリー」
  2. 電子契約サービス「リンクサイン(linksign)」
  3. ソーシャルメディア「aFan」
  4. MMO戦略ゲーム「リーグオブキングダム for LINE Blockchain」
  5. コインプッシュゲーム「CryptoDozer」
  6. ソーシャルカラオケアプリ「SOMESING」
  7. ビデオ・ストリーミング・プラットフォーム「Theta.tv」
  8. スポーツゲーム「Crypto Sports(仮称)」

各企業とサービスは、段階的にLINE Blockchainを用いたサービスをリリースしていく予定です。

LINEは、ブロックチェーン事業を手がけるLVCとLINE TECH PLUSによる、ブロックチェーンサービス開発プラットフォーム「LINE Blockchain Developers」と暗号ウォレットの「BITMAX Wallet」を提供しています

記事ソース:LINE

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事