Matrix AI Networkが2019年11月版の活動報告書を公開
   公開日 : 2019/12/12

Matrix AI Networkが2019年11月版の活動報告書を公開

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

ct analysis

AIとブロックチェーン技術を組み合わせたプラットフォームを展開するMatrix AI Networkが、2019年11月版の活動報告書を公開しました。

技術開発

プロジェクトの技術開発では、メインネットやウォレットなどに様々なアップデートが加えられました。

具体的には、EasyGMANのローンチ、Apocalypseのメインネット統合に向けたテスティング、ウォレットへの肋骨損傷検出機能追加などが行われました。

マスターノードの分布

マスターノード数は前月の132台から159台にまで増え、ジョイントマイニングの参加数やMANウォレットのアドレス数も増加しています。

コミュニティ活動

11月20日には、Matrix CEOのOwen Tao氏がブロックチェーンとAIについて講演を行い、ブロックチェーン技術を用いた分散型クラウドコンピューティングプラットフォーム構築への野心を共有しました。

同月22日には、中国のHexunがSteve Deng氏およびCTOのLi Qinghua氏にインタビューを行い、ブロックチェーン技術の歴史からAIを用いる製造業界や医療業界およびサプライチェーンファイナンスにおけるブロックチェーンの実応用について語りました。

また、Matrixは28日にChinese Academy of Electronic Technology Standardが開催した中国ブロックチェーン標準会議に出席しています。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事