NFTマーケットプレイス「Blur」、レンディング機能の総取引額1400億円に
   公開日 : 2023/06/26

NFTマーケットプレイス「Blur」、レンディング機能の総取引額1400億円に

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

okcoin japan 720

BlurのNFTレンディング機能Blendの総取引額が10億ドル(約1400億円)を越えたことがデータ分析プラットフォームDune Analyticsにより判明しました。

画像引用元:dune.com

貸借のユニークユーザーはそれぞれ、1,707(貸)と2,658(借)に。現在の同プラットフォームのレンディングに関するTVLは*4,314万ドルとなっています。*DeFi Llamaデータ参照

2022年にローンチされ、手数料0%で高速なNFT取引が可能であることなどを理由に成長を続けてきたBlur。先日、同プラットフォーム全体のTVLが1.7億ドル(約240億円)となり、過去最高値を記録しました。

今回総取引額が10億ドルを超えたBlendは、先月5月に公開された新しいNFTのP2P無期限レンディングサービスで、CryptoPunks、Azuki、DeGodsなどのNFTを担保にETHを借りることができます。

下火とされるNFT市場の中で、成長を続けるBlurの今後の動向に注目です。

記事ソース:Dune、DeFi Llama

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事