ゲーム特化ブロックチェーン「Oasys」がメインネットローンチ
   公開日 : 2022/12/12

ゲーム特化ブロックチェーン「Oasys」がメインネットローンチ

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ゲーム特化のブロックチェーンであるOasysが、メインネットローンチしたことを発表しました。

12月12日にメインネットの立ち上げプロセス完了とOASトークンの取引所への上場を発表しています。上場予定の取引所は、OKX、Kucoin、Bybit、Gate、Huobiとなっています。

Oasysは、10月25日にメインネットの第1フェーズとして、21の初期バリデーターとノードの運用引き継ぎやハブレイヤーの安定を確認しています。第2フェーズで、レイヤー2を統合、ハブレイヤーへのロールアップの正常を確認。第3フェーズで、Oasya-Hubの立ち上げやエコシステムのコンポーネントの統合を行なっていました。

OASトークンは、ガス代やガバナンス、ゲーム内のトランザクションを処理するヴァース(Verse)の構築、ゲームアイテムの購入などの基本的なユーティリティに加え、ステーキングも準備されておりユニークな報酬も予定されているとのことです。

また先日、OASYXというNFTプロジェクトも発表されています。

画像、記事ソース:Oasys medium

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事