PayPalが暗号資産業界へ進出、トークンの売買や買い物が可能に
   公開日 : 2020/10/21

PayPalが暗号資産業界へ進出、トークンの売買や買い物が可能に

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

決算サービスを提供するPayPal Holdings Incが暗号資産業界へ進出することをReuterが報じました。

PayPalの暗号資産市場への参入により、米国のユーザーはPayPalのオンラインウォレットを使って、bitcoinや他の仮想資産(イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュ)を売買、保有できるようになる予定です。

さらに、2021年からはネットワークに参加する2600万の店で暗号資産を用いた買い物が可能になる予定です。

PayPalのDan Schulman氏は「われわれは中央銀行と協力し、あらゆる形態のデジタル通貨について考察し、PayPalがどのような役割を果たせるかについて考えている」と暗号資産業界へ貢献する姿勢を示しています。

先日、暗号資産取引所bitFlyer Europeが決済アプリのPayPalと連携し、ユーロの利用が可能になっています

記事ソース:Reuter

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事