Phantom Wallet(ファントムウォレット)EthereumとPolygon対応を発表
   公開日 : 2022/11/30

Phantom Wallet(ファントムウォレット)EthereumとPolygon対応を発表

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

Solanaブロックチェーンの代表的なウォレットアプリである、Phantom Wallet(ファントムウォレット)がEthereumとPolygonへの対応を発表しました。

Phantomは、Ethereum対応のために、ここ数ヶ月開発を行ってきたとツイートしています。

また、EthereumとPolygonに対応した場合、ネットワークの切り替えをせずにシームレスにEthereum、Polygon、Solanaにアクセスできるように開発しているとツイートしています。どのような形になるか具体的には、わかっていませんがユーザーがより使いやすい形になっていくことが予想できます。

もちろん、NFTも快適に管理できるように開発を行っているようです。

数週間以内にパブリックベータ版を公開し、その後パブリックローンチを計画しているようです。現在は、ウェイティングリストへの登録が公開されています。

Phantom Wallet Waitlist

先日、Magic EdenとPolygonへの対応を発表しました。Magic Edenは、Solanaブロックチェーンで最も取引ボリュームが高いNFTマーケットプレイスです。

Polygonに対応することで、Polygonを活用したブロックチェーンゲーム等を展開予定になっています。Phantom WalletがEthereumとPolygonに対応した場合、Magic EdenでのシームレスなNFT売買が期待できます。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事