CryptoPunksモチーフのユニットをスティーブ・アオキとブラウが結成
   公開日 : 2022/12/08

CryptoPunksモチーフのユニットをスティーブ・アオキとブラウが結成

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

人気DJであるスティーブ・アオキとブラウが、CryptoPunksをモチーフにした音楽ユニット「PUNX」の結成を12月7日に発表しました。

ブラウのアカウントから、web3コミュニティをどのように巻き込むことができるのか?という視点でユニットが生まれたと記載してあります。これは、NFTではないとツイートに記載がありました。

しかし、ブロックチェーンの技術を全く使わないということではないようです。

PUNXのTwitterアカウントも開設されているので、続報が気になる方はチェックをしてください。PUNXのアカウントの方では、『PUNX ARE COMING / 2023 / 』と記載がありますので、2023年から本格始動することが伺えます。

ブラウは、Royalという音楽NFTプラットフォームを運営しているDJでもありますので、今後Royalとの絡みも可能性としては考えられます。また、スティーブ・アオキは、The SandBoxはじめ様々なプロジェクトとのコラボやNFT作品を展開しています。

NFTに最も親和性の高いDJと言っても過言ではない2人が、CryptoPunksのIPを使ったユニットを結成したので、今後の動向に注目したいところです。

2022年12月7日にワーナーミュージックとPolygonがLGND Musicというプラットフォームを発表しました。音楽とNFTの領域は、まだ発展途上でしたが、2023年は今までと違った動きがあることが予測されます。

記事ソース:3LAU Twitter

画像:mundissima / Shutterstock.com

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事