この記事の3つのポイント!

  • TRON (トロン) がBitTorrent (ビットトレント) と共に新プロジェクトを始動
  • コンテンツ共有の未来を拓くイニシアチブプロジェクト「プロジェクト・アトラス」が発表される
  • ビットトレントのP2Pネットワークとその大規模なユーザーをトロンのブロックチェーンに統合

記事ソース:TRON Blockchain to Make BitTorrent Protocol Faster, Better. TRON Unveils More Details

仮想通貨TRON(トロン)は今月27日、P2Pファイル共有のBitTorrent(ビットトレント)と共に新プロジェクト「Project Atlas(プロジェクト・アトラス)」を始動させることを発表しました。

今年7月にはトロンがビットトレントの買収を正式に発表していました。

今回発表された新プロジェクト「プロジェクト・アトラス」は、コンテンツ共有の未来を拓く強力なイニシアチブとされています。

その第一段階として、ビットトレントのP2Pネットワークと月間一億にも及ぶそのユーザーをトロンのブロックチェーンに統合することを予定しており、ビットトレントのプロトコルをより良く、そして速くすることを目指します。

トロンの創設者でありCEOのJustin Sun氏は、

 

”仲介者を排除し、コンテンツ制作者がユーザーに対し直接コンテンツを共有できるようにすることで、最終的にはすべてのコンテンツ制作者やそのコミュニティに活気を与えることを目指したい。”

 

と、今回の新プロジェクトへの期待を語りました。

新プロジェクトでは、ビットトレントのピアがユーザーに対してトークンを使ってインセンティブを付与することができるようになるといいます。

ユーザーはトレントファイルのダウンロード完了後もより長くシードし続けることでインセンティブを受け取ることができ、これによって高速ダウンロードなどの優待を受けることもできるようになります。

YouTubeではプロジェクト・アトラスの紹介動画も公開されています。

Daichi
コンテンツ共有の未来を拓くプロジェクト・アトラスの進展に期待です!