FTX Japan「準備が整い次第、出金再開を予定」復旧に向けた最新報告
   公開日 : 2022/12/01

FTX Japan「準備が整い次第、出金再開を予定」復旧に向けた最新報告

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

先日、米国連邦破産法第11条(通称:チャプター11)の手続き開始を発表したFTXグループの関連会社「FTX Japan」が最新の状況について報告を行いました。

現在、出金・出庫サービス再開を行うための計画に関する開発作業がエンジニアリングチームにより開始されており、具体的なスケジュールやロードマップなどについて、可能な限り早い段階で報告していくとしています。

顧客資産に関しては、法定通貨はSBIクリアリング信託株式会社の信託口座に、暗号資産は同社が管理するコールドウォレットにおいて分別管理を行なっているとしています。

FTX Japanは、”預かっている顧客資産はチャプター11の対象とはならない”との見解を示しており、準備が整い次第出金・出庫に対応予定としています。

先月11月中旬、世界最大手の暗号資産取引所FTXは事業の再建や存続を目的とした「米国連邦破産法第11条」の申請を行い、大きな話題を呼びました。

FTX Japanは、FTXが経営破綻した当初より「顧客資産は無事である」としてきた一方、海外の法律であるチャプター11に日本法人のFTX Japanが含まれるか否かに大きな注目が集まっていました。今後も同社の動向に注目が集まります。

記事ソース:FTX JP

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事