OpenSea レイヤー2のOptimismのNFTに対応を発表
   公開日 : 2022/09/28

OpenSea レイヤー2のOptimismのNFTに対応を発表

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

NFTマーケットプレイスのOpenSeaがイーサリアムレイヤー2のOptimismに対応をしました。

先日、OpenSeaはArbitrumに対応しており、これでL2を含む6種類のブロックチェーンに対応したマーケットプレイスとなっています。対応チェーンは以下になります。

  • Ethereum
  • Polygon
  • solana
  • Klaytn
  • Arbitrum
  • Optimism

関連:OpenSea イーサリアムL2ネットワーク ArbitrumのNFT対応を発表

既にOptimismのNFTはリストされており、ランキングも確認することができます。

OpenSea Optimism Ranking

他のチェーン同様にOptimismのNFTを購入するには、OptimismのETHが必要になりますので、ブリッジする必要があります。

初心者の方は、いきなりOptimismのNFTを購入するのではなく、Optimismがどういったチェーンなのか?勉強してから利用することをオススメします。

こちらの記事でネットワーク接続やブリッジ方法が記載されているので、合わせてご確認ください。

OpenSeaが早いスピードで対応チェーンを増加させていることで、NFTマーケットプレイスの市場激化が予想されます。OpenSeaが今後、どこまでのチェーンに対応していくのか注目です。

画像:sdx15 / Shutterstock.com

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事