SEC委員長がビットコインETFに言及 カストディ業務や価格操作に懸念残る

SEC委員長がビットコインETFに言及 カストディ業務や価格操作に懸念残る

米国証券取引委員会(SEC)の委員長を務めるジェイ・クレイトン氏は9日、CNBCのインタビューでビットコインETF承認に関する質問を受け、可能性はあるが解決されるべき課題はまだ残っているとの見解を示しました。

クレイトン氏は、ビットコインETFに付随するカストディ業務を信頼して委託できる業者がいないと指摘し、市場操作などと並ぶ問題点があることを明かしました。

しかし今年には、コインベース・カストディBakkt (バックト)フィデリティ・デジタルアセッツなどといった大手取引所や証券会社が暗号資産のカストディ事業に参入しています。

バックトの現物引渡し型先物が今月末にローンチされ、いよいよ機関投資家マネーが市場に流入する中、今後のETF承認可否にはこのようなカストディアンの実績が大きく関わってくるものと見込まれます。

記事ソース:CNBC Exclusive: CNBC Transcript: SEC Chairman Jay Clayton Speaks with CNBC’s Bob Pisani Today

ニュース/解説記事

Enable Notifications OK No thanks