STEPNとは?概要や始め方について解説 ※最新情報追記
   公開日 : 2022/08/01

STEPNとは?概要や始め方について解説 ※最新情報追記

airutosena

中学生の頃から仮想通貨に触れていて、今でも仮想通貨が大好きなライターです。

ct analysis

“歩くだけで稼げる”として新たにM2E(Move to Earn)と呼ばれるジャンルを確立した「STEPN」。

そんなSTEPNは先日、大型アップデートを行い、従来のSolana・BNBに加えてEthereumに対応しました。

Ethereum上のシューボックスNFTが一時2.7ETHの値段を付けるなど再び注目を集めているSTEPNですが「実はどんなゲームかわかってない」という方も多いのではないでしょうか。

本記事では、最新アップデートの情報と併せて、STEPNの概要について説明していきます。

(8月9日:追記) 最新アップデート情報

注目の変更点・$GMT獲得機能のプラン公開

・LINE Blockchainへの展開が計画中

以前より伝えられていた歩いてガバナンストークン$GMTが稼げるシステムに関して、詳細プランが公式発表されました。

既存のスニーカーをLv.30までレベルアップを行う、または新たに発表された「レインボースニーカー」を手に入れることで$GMTを稼ぐことが可能となります。(詳細は下記記事参照)

さらに、LINEの暗号資産・ブロックチェーン関連事業を手掛けるLINE Xenesis株式会社とSTEPN運営会社が提携し、LINE ブロックチェーン上でSTEPNの開発を手がけていくと発表しました。

上記の発表により、以前より発表されていた第四のレルムのチェーンがLINEブロックチェーンとなる可能性が高まりました。(*正式な発表は現時点では行われていません)

STEPN = 歩いて稼げるゲーム

STEPNは、NFTのスニーカーを購入し歩くだけで「GST」というトークンが得られるゲームです。

上記のGSTは他の仮想通貨と交換し、国内仮想通貨取引所に送金することで、日本円に換金できます。

過去には、スポーツブランドのASICSとのコラボも実施しており、非常に大きな注目が集まりました。

記事執筆時点ではSolana・BSC・Ehereumの3つのブロックチェーン上で展開されており、どちらのチェーンであっても基本的な仕様は変わりません。

STEPNは知名度や規模感などから、Move To Earn系における代表的な存在に挙げられます。

STEPNのはじめ方

STEPNのはじめ方を以下のポイントから、1から解説していきます。

  • SOLなどを入手
  • STEPNをダウンロード、登録
  • ウォレットの設定と送金

STEPNのはじめ方をチェックしていきましょう。

SOLなどを入手

STEPNの利用にはSolanaの「SOL」、BSCであればBNB、EthereumであればETHが必要です。

SOL or BNB or ETHは、STEPNで利用するスニーカーの購入資金や、ガス代の支払いなどに利用します。

どちらもガス代はそれほど高くありませんが、スニーカーの購入資金とガス代分の余裕を持ったトークンを準備しておきましょう。

SOLは海外版FTX(国内からでは制限あり)、FTXJP(海外版よりも機能・銘柄が少ない)などで入手可能です。

SOLだけが欲しいというケースであれば、FTXJPの利用を検討してみるのも良いかもしれません。

また、Binanceを利用すれば、BNB・SOLのどちらでも入手できます。

ETHに関しては、国内外の取引所で扱われているので、ご自身にあった取引所でご用意ください。

STEPNのダウンロード〜登録

必要な仮想通貨が揃ったら、STEPNのダウンロードから登録までを済ませていきましょう。

以下の手順で、STEPNのダウンロードから登録までが可能です。

  1. コチラからSTEPNをスマホにダウンロード
  2. メールアドレスを入力し「Send code」へ
  3. コードを入力
  4. 「LOGIN」へ
  5. アクティベーションコードを入力

おそらく、多くの方がつまづくのが「アクティベーションコード」の入力です。

STEPNでは、登録の前段階で「アクティベーションコード」が無いと、スタートできません。

現時点では以下のような方法で、アクティベーションコードが入手可能です。

  1. 既存のSTEPNユーザーに発行してもらう
    (既存のユーザーはアクティベーションコードを発行できる)
  2. DiscordやTelegramなどで依頼する

STEPNを利用する前の段階で、アクティベーションコード入手の目処を予め立てていたほうが良いでしょう。

入手の目処が立たないという方であれば、アクティベーションコード入力画面下部にある「Join Waitlist(待ちリスト)」に入っておくのも良いかもしれません。

ウォレット作成と送金

STEPNでスニーカーを購入するには、STEPNのウォレットにSOLなどを送金する必要があります。

STEPN内のウォレットは予め作成しておく必要があるので、以下の手順で作成していきましょう。

  1. ウォレットのマークへ
  2. 「Wallet」へ
  3. 「Create a new wallet」へ
  4. パスワードの作成
  5. フレーズの保管と確認の入力

STEPN内の「Wallet」にあるアドレスを各取引所・ウォレットなどの送金画面で入力することで、STEPN内のウォレットに送金できます。

また、ウォレットを作成する際に出てきたフレーズは、重要なため予め厳重に保管しておきましょう。(後々リカバリーする際などに必要になる)

ゲームの中心となるスニーカーの仕様

STEPNは、スニーカーで歩くだけで稼げるというシンプルなゲームです。

しかし、その一方で各スニーカーによって「仕様・効率」が大きく異なります

これから、スニーカーの仕様を左右する最も大きな要素である「対応速度」「ステータス」という2つの観点から解説していきます。

スニーカーの対応速度

STEPNのスニーカーには、対応している歩行速度ごとに以下のような4つの種類があります。

靴の種類適切な歩行速度(時速)
Walker1km~6km
Jogger4km~10km
Runner8km~20km
Trainer1km~20km

各スニーカーが対応している速度よりも、遅すぎたり、早すぎたりするとGSTが稼げる効率が落ちてしまいます。

予め、ウォーキング・ジョギングなどを行って、自身に合った歩行速度をチェックしておくのがおすすめです。

各スニーカーによって異なるステータス

STEPNのスニーカーには以下のようなステータスが振られており、各スニーカーによってステータスの値が異なります。

各ステータスの名前ステータスの概要
QUALITY全体のステータスを左右するレア度を表す
EFFICIENCYGSTを入手できる効率を表す、高ければ高いほど効率よくGSTを入手可能
LUCK靴のステータスを強化できるジェムを入手できるボックスの出現率に影響
RESILIENCE靴の回復力や修理費用を左右
COMFORTレベル30以降で可能なGMTの入手に影響

このステータスによって「スニーカーの得意なポイント」が異なってくるため、特徴が大きく左右します。

また、上記のステータスの中でも「QUALITY」は、全体のステータスを左右する要素になっています。

QUALITYは以下のように5つの種類があり、COMMONが一番レア度が低く、LEGENDARYが最もレア度が高いです。

  1. COMMON
  2. UNCOMMON
  3. RARE
  4. EPIC
  5. LEGENDARY

QUALITYが高ければ高いほど、スニーカーの価格は高くなり傾向にあります。

STEPNの遊び方・稼ぎ方

STEPNの概要やスニーカーについて把握したところで、STEPNの遊び方・稼ぎ方について以下のポイントから解説していきます。

  • マーケットプレイスからスニーカーを購入
  • 歩いてGSTを入手
  • 修理について

1つ1つチェックしていきましょう。

マーケットプレイスでスニーカーを探す

まず、STEPNのスニーカーを購入していきましょう。

購入するスニーカーは、前述した各スニーカーの特徴を押さえた上で、用途・予算にあったスニーカーを選択していく必要があります。

スニーカーのマーケットプレイスは、STEPN内の画面下部の項目から選択可能で、「Filter」の項目から予め条件を設定した上でスニーカーを探せます。

お気に入りのスニーカーを見つけていきましょう。

※アップデートにより、現在iOSアプリ内でのマーケット機能は停止され、アプリ内のブラウザからマーケットにアクセスすることでスニーカーの売買が可能となっています。

歩いてGSTを入手

STEPNでスニーカーを購入したら、実際に歩いてみましょう。

以下のような手順で、カウントをスタートできます。

  1. 画面下部の左へ
  2. 「START」へ
  3. 歩行速度などをチェックしながら歩く

STEPNでは、エネルギーという仕様があり、これは歩くと消費されていきます。

(画像上の「ENERGY CAP」からエネルギーの値は確認可能)

このエネルギーは最大値の25%ずつ、6時間ごとに貯まっていきます。

エネルギーが全て消費されてしまうと、歩いたとしてもGSTを稼げません。

エネルギーをチェックした上で、歩くのがおすすめです。

また、上記のような手順で稼いだGSTは国内仮想通貨取引所が取り扱っている仮想通貨とスワップ・送金することで、日本円に換金できます。

修理も必要になる

スニーカーは使用していくと、徐々にダメージが蓄積されていきます。

ダメージが蓄積されていくと、GSTを入手できる効率が低下していき、歩いても効率的に稼げません。

GSTを用いることで修理が可能になるため、効率が落ちてきたら定期的に修理を行いましょう。

※前述のHP

STEPNの注意点

これから、STEPNの注意点について以下の4つの観点からチェックしていきます。

  • 無料で始められない
  • 効率を左右する細かな仕様がいくつもある
  • チェーン間による共有できる要素の違い
  • 価格変動や仕様変更などさまざまなリスクがある

STEPNのリスクや予め知っておきたいポイントを押さえていきましょう。

無料で始められない

STEPNは現時点で、無料ではじめられません。

STEPNをはじめるには、予めNFTスニーカーを購入する必要があります。

このことから、稼ぐ目的でSTEPNを利用する場合「原資を回収できないリスク」が存在しています。

GSTの獲得と売買によって、STEPNは「歩くだけで稼ぐ(日本円に換金する)」ことができます。

上記のことから、STEPNによる稼ぎはGSTの市場価格に左右されます。

STEPNのGSTの価格は日々変動しており、2022年6月28日時点ではピーク時と比較するとかなり下落している状態です。

引用元:Coingecko

今後、GSTの価格が著しく下落する可能性は否定できません。

一方でSTEPNのロードマップには、今後「レンタル機能」がリリースされる旨が記載されています。

(2022年Q4の「RENTAL SYSTEM」)

このレンタル機能によって「スニーカーを持っていなくても、レンタルで稼げる」といった環境が、アップデートによって実現するかもしれません。

ただし、現時点では原資が必要になるため、原資が回収できないリスクは押さえておいたほうが良いでしょう。

効率を左右する細かな仕様がいくつもある

前述のとおり、STEPNには細かな仕様が無数にあります。

ステータス、修理、エネルギーなど、複数の要素によってSTEPNにより稼ぎは左右されます。

また、STEPNは歩いている途中に何らかの問題が起きると「ムーンウォーキング」という状態になります。

ムーンウォーキングは、GPS・ネットワーク接続などが不安定になった場合などに発生し、ムーンウォーキング中はGSTを獲得できません。

また、場合によってはムーンウォーキング中でも「エネルギーが消費」されます。(GSTが獲得できないのにエネルギーが消費される)

STEPNをスタートする際は「STEPNのゲームとしての仕様」をしっかりと押さえておくのがおすすめです。

Solana-BSC-Ethereum間では共有できない要素も

前述の通り、STEPNでは現時点で「Solana」と「BSC」と「Ethereum」に展開されています。

しかし、同じゲームだとしても要素が全て共有できるわけではありません。

例えば、GSTは各チェーンごとに共有されておらず、SolanaにおけるGSTとBinanceのGST、EthereumのGSTは別のトークンです。(各GSTによって時価総額や価格も異なる)

また、エネルギーに関しても一定の条件下から外れると共有されません。

チェーン間においてゲームとしての仕様の違いはありませんが、周辺環境が全く同じではないです。

各チェーン(realm)の共有要素の詳細はコチラからチェックできます。

仕様変更・予期せぬトラブルなどのリスク

仮想通貨関連のプロジェクトには常にハッキング・予期せぬ技術的な欠陥のリスクが存在しています。

仕様変更などによって、これまで通りの利用ができないといったことが発生する可能性もあるでしょう。

また、STEPN自体のトラブルではありませんが、実際に中国でSTEPNが規制されるといった事例も発生しています。

STEPNに限った問題ではありませんが、常にこういった可能性・リスクは考慮しておいたほうが良いでしょう。

まとめ

この記事では、STEPNについて解説しました。

STEPNは、積極的にアップデートが行われており、直近では「Ethereumチェーン上でゲームリリース」「ミンティングスクロール」の導入といった変更がなされています。

また、今後第4のチェーンが実装されるといった情報もあります。

これからも、新たな機能・チェーンなどが期待でき、注目したいプロダクトの1つであると言えるでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事