二段階認証アプリのメリットから設定方法まで詳しく解説!
2018/02/03

二段階認証アプリのメリットから設定方法まで詳しく解説!

Shota【CRYPTO TIMES 公式ライター】

ShotaCRYPTO TIMES 公式ライター

CryptoTImesでは、仮想通貨に関するニュース他、海外のニッチな情報などを紹介していきます。Ethereumのレイヤー2の技術などに興味があります。

仮想通貨投資を行う方々には、初心者から投資熟練者の方まで様々な方がいらっしゃると思います。

ですが、誰もが必ず避けて通れないのが取引所の登録です!

取引所で自分の資産をより安全に管理、保管するために必要なのが、二段階認証の設定になります。

今回は二段階認証のメリットCRYPTO TIMESオススメの二段階認証アプリを紹介していきます。

そもそも二段階認証とは?

現状のセキュリティリスク

数年前から耳にすることがある『アカウント乗っ取り』被害ですが、これは設定したパスワードがどこからか漏れてしまうことにより、第三者にアカウントがアクセスされてしまうことで乗っ取り(=ハック)が成立しています。

Twitterの一部のユーザーの方からも、
『Coincheck(コインチェック)から勝手に資産の一部が送金された!』
『iTunesカードを10000円分手伝ってくれないですか?』
『このアカウントに新しい場所(中華人民共和国+86)からのアクセスがありました。今すぐセキュリティを確認してください。』
などの様々な声を耳にします。

こういった第三者によるアカウントのアクセスを防ぐために有効な対策が二段階認証の設定です!

二段階認証の仕組み

まず、二段階認証とはどういうシステムなのかを理解しましょう!

普段パスワードでアカウントを管理している状態は英語だとSingle Factor Authentication(直訳:一段階認証)と呼ばれます。名前の通りアカウントにログイン(本人がアクセスしているか確認)するプロセスにおいて、一種類の認証方式(=パスワード)のみを用いる方式です。

これと比べてTwo Factor Authentication(二段階認証)はこの確認のプロセスにおいてパスワード+数十秒ごとに自動生成される数字6桁を使って、第三者からのアクセスをより難しくする仕組みのことを指します。

この認証数字6桁は、設定が済んでいるデバイスからのみ確認できる仕様になっています。

二段階認証を設定することのメリット

では、二段階認証を設定するメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

二段階認証を設定することで

  • 第三者からのアカウントへのアクセスを難しくする
  • 自分の資産をより安全に、厳重に管理できる
  • アカウントに登録されている個人情報を守ることができる

などの設定する手間に比べると十分すぎるメリットがあります。
慣れてしまえば取引所ごとの設定自体はとても簡単ですので、利用(を予定)している取引所では必ずこの設定を済ませておきましょう!

CRYPTO TIMESオススメの二段階認証アプリ

続いてCRYPTO TIMESオススメの二段階認証用スマホアプリを紹介します!

Google Authenticator

Google社が開発した二段階認証コード生成用のトークンソフトウェアです。

Authy

App Store / Android Store共にトップレートの二段階認証生成アプリです。

二段階認証アプリの使い方

まず起動すると上の画像のような画面になると思いますので、開始を押して次の画面に進んでください。

すると次のようにバーコードをスキャンもしくは提供されたキーを入力という二つの選択肢が表示されますので、どちらかを選んで読み込みます。

このときバーコード提供されたキーとありますが、これらは各取引所、もしくは二段階認証を設定しようとしているウェブサイトの設定画面で表示されますので、表示されているものを確認してカメラでスキャンしたり、キーを入力するだけです。

スキャンまたはキーの入力が完了すると、上のようにアプリ上に認証が完了したサイトの二段階認証コードが自動的に生成、表示されます。

アプリを利用する際の注意点

この記事で2つの二段階認証アプリを紹介しましたが、Google Authenticatorを使う際には少し注意が必要です。

Authyを利用する場合だと、複数のデバイス間での認証情報の同期ができるので機種変更の際も問題はありませんが、Google Authenticatorを利用する際はこの限りではないので、対処方法を解説します!

複数のスマホでQRコードを読み込む

ページ上部の二段階認証アプリの使い方に解説されている設定を、複数の端末を使って設定しよう!といった感じです。

二台以上の端末で二段階認証を設定しておけば、一台のスマホが壊れてしまった時も、もう一台のスマホを使って認証コードを取得することができるので問題がありません。

もう使っていない古い端末でもアプリのダウンロードはできるので、念のため古い端末を使ってもバックアップとして設定しておくと良いです。

その他の認証アプリを使う

複数台の端末を使って認証コードを生成する解説をしましたが、機種変更の際はそれでも不安な方がいると思います。

その場合、上で少し触れましたが、Authyという別のアプリを使うことで解消されると思います。

Authyというアプリですが、電話番号とメールアドレスの認証さえ済ませてしまえば、後は機種変更の際も、電話番号とメールアドレスを用いてそこから認証データを新しい端末に復元することができます。

Google Authenticatorに不安がある人はAuthyを使ってみると良いかもしれません。

最後に

二段階認証と聞いて難しく感じられる方もいると思いますが、意外と簡単でかつセキュリティ面でもハッキングやアカウント乗っ取りなどの攻撃から守ってくれる優れものです!

この機会に取引所のアカウントは二段階認証を使って管理していきましょう。

CRYPTO TIMES LINE@で情報ゲット!

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事