Binance(バイナンス) CEO「クソコインは4000BTCでもリスティングしない」
   公開日 : 2018/08/15

Binance(バイナンス) CEO「クソコインは4000BTCでもリスティングしない」

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

ct analysis

今月11日、バイナンスへのリスティングを申請しようとしたとあるプロジェクトが同取引所から400BTCのリスティング料金を請求されたとするEメールを公開し、騒動になりました。

リスティングに際し400BTCを請求されたとするChristopher Franko氏のメール

同取引所CEOのChangpeng Zhao、通称CZ氏は、プロジェクトが公開したEメールに記載されたバイナンスのメールアドレスは偽物であったとし、関与を否定しました。

同Eメールはバイナンスを偽ったスパムであったとされるものの、この騒動を機に、同取引所に対して「リスティング額が高すぎる」「リスティング申請をしても返信がこない」という批判が相次いだのを受け、CZ氏はツイッター上で以下のようにコメントしました。

Shitcoin(クソコイン)は400BTCでも4000BTCでもリスティングしない。大事なことは”バイナンスのリスティングにはいくらかかるか”ではなく、”自分のプロジェクトが良いものかどうか“だ。」

と強い語勢で反論したCZ氏は、騒動の翌日12日にLinkedIn上の「バイナンスにリスティングをするコツ」という2017年に書かれた記事を更新し、ツイッター上で拡散しました。

同記事には、リスティングの評価基準や、プロジェクトの質やバイナンスでのリスク管理に応じた料金の設定方法などが詳しく書かれています。

同記事では、バイナンスでのリスティングに際する評価基準はチームの良さプロダクトの実用性ユーザーベースの大きさの3つであり、申請の約98%は返信なしに却下されるものだとされています。

有望なプロジェクトであれば料金が全くかからないこともある上、一度却下されたプロジェクトも以降開発状況が好転すればリスティングできる可能性があるとされています。

CZ氏は、リスティングされるためにはバイナンスに様々な交渉やアピールをするのではなく、プロジェクトに磨きをかけることに集中してほしいと訴えました。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事