Binance(バイナンス)が仮想通貨レンディング第2弾を実施へ
   公開日 : 2019/09/03

Binance(バイナンス)が仮想通貨レンディング第2弾を実施へ

Yuya【CRYPTO TIMES公式ライター】

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

CRYPTO TIMESの記事編集全般を担当しています。バックグラウンドは経済学とファイナンスなので、政府発行型暗号資産の仕組みや、行動ファイナンス的観点から見る市場の動きなどに興味があります。

ct analysis

先日レンディングサービスを導入したBinance(バイナンス)が、銘柄や契約タイプを増やした第2ラウンドを9月4日に実施することを発表しました。

今回はTether USD (USDT)、イーサリアムクラシック(ETC)、カルダノ(ADA)、イーサリアム(ETH)、ビットコイン(BTC)、バイナンスコイン(BNB)の貸付が募集されます。

バイナンスのレンディングサービス第2弾
銘柄満期(日)募集量貸出上限年利ロットサイズロット毎の利子
USDT1420,000,000 USDT1,000,000 USDT8%100 USDT0.306849 USDT
ETC1420,000 ETC1,000 ETC7%1 ETC0.002684 ETC
ADA1410,000,000 ADA500,000 ADA6%1,000 ADA2.301369 ADA
ETH1410,000 ETH100 ETH6%1 ETH0.002301 ETH
BTC141,000 BTC10 BTC3%0.01 BTC0.00001151 BTC
BNB28200,000 BNB100 BNB10%10 BNB0.076712 BNB
USDT2810,000,000 USDT500,000 USDT8.25%100 USDT0.632876 USDT
BTC28500 BTC5 BTC3.25%0.01 BTC0.00002493 BTC

今回は前回よりも取扱い銘柄が増えているのに加え、BNB、USDT、BTCの3通貨は28日間の貸付契約も募集されています。

先月28日に実施されたレンディング第1ラウンドは10分ほどで即終了しており、今回も競争は激しくなるものと考えられます。

記事ソース: Binance

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事