仮想通貨取引所大手のBinanceがハッカーに関する情報に対し25万ドルの賞金を支払うと発表
   公開日 : 2018/03/13

仮想通貨取引所大手のBinanceがハッカーに関する情報に対し25万ドルの賞金を支払うと発表

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

ct analysis

この記事の3つのポイント!

  1. Binanceがサイバー攻撃犯人に関する情報提供者に賞金を与えると発表
  2. 7日に行われた大型ハッキングによる資産への被害はない模様
  3. CEOは今後の仮想通貨取引所・企業間でのセキュリティ対策強化を呼びかける

本記事引用元:Crypto Exchange Offers a $250,000 Bounty for Hacker Tip-Offs

ハッキング被害を受けたBinanceの声明

大手仮想通貨取引所、Binanceが同社へのハッキングに対する守りを固めるために、情報提供者に賞金を支払う制度を始めることを発表しました。

Binanceの声明によると、同社は先週3月7日に大型のサイバー攻撃を受けたとのことです。攻撃は失敗に終わり、資産への被害もなかったものの、ハッカーの正体を掴むことはできなかったと報告しました。そこで同社CEOのZhao Changpeng氏は、今回のサイバー攻撃に関する有用な情報を最も早く提供した者に25万ドル(約2660万円)相当のBinance Coin (BNB)を賞金として支払うと発表しました。
Zhao Changpeng氏(Zhao Changpeng氏)
また、同社は今後のハッキングに対する賞金として更に1000万ドル相当の仮想通貨を備蓄していることも発表しました。Changpeng氏は更に他の仮想通貨取引所や企業にも同様の対策をするよう勧めていることも明らかにしました。

今年で既に日本のCoincheckやイタリアのBitGrailなどが大型のサイバー攻撃の被害を受けていますが、大手取引所であるBinanceのChangpeng氏による今回の声明が取引所や企業のセキュリティ強化に更に拍車を掛けると考えられます。

仮想通貨の難点とも言えるハッキングのリスク。大手取引所の活動によってセキュリティが更に改善されると安心ですね。

 

参考記事:

Massive Cryptocurrency Heist Spurs Call for More Regulation

Italian cryptocurrency exchange gets hacked for $170 million in Nano

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事