この記事の3つのポイント!

  • Bitfinex CTOのPaolo Ardoino氏がサミットで企業に関するスピーチを行う
  • ハッキング事件後の成功の鍵はチームの団結力にあると語る
  • ETHfinexとEOSfinexに続き新たに5~6のプロダクトのリリースを予定していると発表

記事ソース:Bitfinex to launch 5 big products in the coming month, says CTO

先日(9月29日~10月1日)、イギリス・ロンドンで『Ethfinex Governance Summit』と呼ばれるカンファレンスが開催されました。

BitfinexのCTOであるPaolo Ardoino氏は、Bitfinexの成功や開発者に焦点を当てた自身の洞察についてを語りました。同社が最近リリースしたプロダクトである『ETHfinex』や『EOSfinex(β版)』に関しても紹介が行われました。

スピーチの最初にArdoino氏は、いくつかの同様にプロダクトを出した企業の失敗に関して、その原因は内部或いは外部的な地域間の揉め事にあると語りました。Bitfinexではそのようなバイアスは一切なく、開発者を議論などが起きないような環境に置いていることが成功の原因の一つであると考えているようです。

Bitfinexのチームについて、他の取引所と比較すると非常に少数のメンバーで構成されており、取引プラットフォームを創り上げる際もこのメンバーが全てを協力しながら行っていると語りました。2016年のハッキング事件が起きた際にも、チームは一致団結して問題の解決だけでなく、よりよい取引所として再び姿を現す努力をしていたそうです。

先日、ETHfinexの正式版やEOSfinexのβ版のリリースが行われたばかりですが、彼は今後のプロダクトに関して、来月中に5~6の新たなプロダクトのリリースを計画していることを発表しました。

ETHfinexEOSfinexでは集権的なオーダーブックを利用することで十分な流動性を確保しながらも自身の資産を自身で管理することが可能というものでしたが、今後リリースが予定されているプロダクトにおいては、プラットフォーム上の異なるアプリでユーザーが容易に開発ができるものが含まれているとしました。

shota
BinanceのDEXリリースに備えて勝負しに来ている感がありますね