BlockShow Asia 2018 by CoinTelegraphがシンガポールにて11月27日-12月1日に開催!
2018/11/01

BlockShow Asia 2018 by CoinTelegraphがシンガポールにて11月27日-12月1日に開催!

アラタ

アラタ

2017年5月に仮想通貨への投資を開始。ブロックチェーンや仮想通貨の将来に魅力を感じ、積極的に情報を渋谷で働く仮想通貨好きITリーマンのブログを通じて発信するように。2017年6月に初めてICOへの参加も行い、ICOの魅力に取りつかれ、積極的にICOに投資していくように。Crypto Times運営者の1人。好きな食べ物はラーメンとたくあん。

BlockShow Asia 2018は、2018年11月にシンガポールにて開催されるアジアブロックチェーンウィーク内にて、ブロックチェーンを発展に繋げる最高のネットワーク、プレゼンテーション、情報共有の機会を私達に提供します。

アジアは世界の成長の源です。現在、世界で最も急速に経済成長している国はアジアにある中国とインドの2か国です。ASEANを設立した「バンコク宣言」以来、現在でおよそ50年が経ち、この急速に成長しているブロック経済は、次の5年間に3〜8%のGDP成長となると予測されています

このような世界の経済的な中心地で、11月27日から12月1日のアジアブロックチェーンウィーク内の一部として「BlockShow Asia 2018」がマリーナベイ・サンズホテルで開催されます。

ブロックチェーン市場は成熟しつつある

過去2年間で、Blockchain市場はほぼ1兆ドル規模の市場に成長しましたが、現在では評価額は大幅に下がり、市場はほぼ2000億ドルの水準に達しています。この市場の落ち込みは、ホットマネーが市場から抜け出て、現在では真剣なプレイヤーだけが残ったことを意味します。

市場の成熟はまた、機関投資家、政府、企業、テクノロジー企業が仮想通貨とブロックチェーンが定着し、一時的な流行ではないという理解を得られたことを意味しています。世界銀行でさえブロックチェーンの勢いに乗り、ブロックチェーンで債券を発行、割当、譲渡、管理しようと、オーストラリア銀行と協力している状況です。

世界銀行のアルンマ・オテ(Arunma Oteh)副総裁(トレジャラー)はインドのメディアに対して語りました。「1947年に最初の債券を取引して以来、開発を目的とした資本市場の活用において、イノベーションと投資家の満足が我々の成功の重要な品質証明でした。今日、新興技術が、変革的であると同時に慎重な可能性を我々に示し、革新を継続して投資家のニーズに対応し、市場を強化すると私たちは考えています。」

適切なタイミングで適切な場所に

ブロックチェーン業界がネットワーク、マーケティング、投資、技術の共有、友好的な交流を促進するための重要な時期に、BlockShow Asia 2018をアジアの金融拠点に引き上げています。

昨年BlockShow Asiaには、QtumのPatrick Dai、EOSのBrock Pierce、BnktothefutureのDavid Orban、Simon Dixon、QuioneのMike Kayamori、NeufundのZoe Adamovicz、WavesのAlexander Ivanovなど、1500人以上の出席者と66人のスポンサー、67名の格調高い国際的なスピーカーが参加しました。

今年は昨年を上回る4,000人のブロックチェーン関連の出席者が集結し、コミュニティの絆を強化して信頼を構築するため、あらゆる努力がアレンジされます。昨年のイベントではスタートアップコンペティションが開催され、勝者となったBancorとElectifyAsiaは合わせて2億ドル以上を調達しました。2016年以来、アジアや他の地域で行ってきた私達の取り組みが、今まで以上に政府や企業セクターに真剣に受取られ、実を結びつつあると考えています。

今年のイベントは5日間に及ぶ予定であり、ブロックチェーンの成熟に向けて一歩前進する機会となっています。今回のイベントでは実績、投資家、才能、トレーダー、開発者、スタートアップを持つ起業家が集うことが期待されます。

Asia Blockchain Weekは、関連する投資家、パートナーおよび顧客とのネットワークを豊かにする2つの大規模な会議が開催されます。その他にも、重要な質問に答えるためのワークショップ、才能のスカウトを行うHackathon、興味深い新しいプロジェクトを見つけるためのスタートアップ日中のパーティーはリラックスしてネットワークを作ります。イベントの最後の5日目に、シンガポールのすべてのブロックハブ、アクセラレータ、企業を対象とする「オープン・ドアーズ」の日をお楽しみください。

絆を強化するパートナーシップ

アジアブロックチェーンウィークの強みは、パートナーシップの強固な結束と、特に地域社会からのコミュニケーションの支持にあります。 このイベントのパートナーには、ブロックチェーン技術の開発と理解を促進するためのプラットフォームであるLongHashと、仮想通貨とブロックチェーン技術の使用と開発に主軸を置く非営利団体で、仮想通貨分野の擁護、教育、エンゲージメントを推進するACCESS(Association of Cryptocurrency Enterprises and Startups Singapore)を擁します。

他にも、SFA(シンガポールフィンテック協会)とSUSS(シンガポール社会科学大学)がパートナーに含まれます。実際に、SUSSによる会議「The Future of Token Economy:トークンエコノミーの将来」もアジアブロックチェーンウィークで開催される予定です。こうしたパートナーの強力な擁護、リサーチ、コミューンな背景により、ブロックチェーン技術が地域で必要とするサポートを得ることが保証されます。

Blockchainの成熟のための一歩を踏み出そう

技術としてのブロックチェーンはもはや無視することができず、無限の可能性でこの地球上で人命に触れる人はほとんどいません。 BlockShow Asia 2018は、アジアのBlockchain Weekにおいて、重要な進化段階においてブロックチェーンの成熟に貢献するチャンスです。

ブロックチェーンは成熟しており、あなた自身で目撃することができます。 スポンサーになるか、チケットを購入するにしても、BlockShow Asia 2018に参加し、世界最高のブロックチェーン業界カンファレンスで最高の交流の機会を持ちましょう。

この記事を書いたライター

アラタ

アラタ

2017年5月に仮想通貨への投資を開始。ブロックチェーンや仮想通貨の将来に魅力を感じ、積極的に情報を渋谷で働く仮想通貨好きITリーマンのブログを通じて発信するように。2017年6月に初めてICOへの参加も行い、ICOの魅力に取りつかれ、積極的にICOに投資していくように。Crypto Times運営者の1人。好きな食べ物はラーメンとたくあん。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事