ビットコインSVがフェイクニュースに釣られ80%近い急上昇を見せる
2019/05/31

ビットコインSVがフェイクニュースに釣られ80%近い急上昇を見せる

Yuya【CRYPTO TIMES公式ライター】

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

分散型台帳技術の技術・応用両側面を幅広く学んでいます。

中国のメッセンジャーアプリ・WeChatで「ビットコインSV($BSV)がバイナンスに再上場する」などといった偽情報が出回り、これまで120ドル前後を上下していたBSV価格が1日足らずで倍の240ドルを一時的に越えました

中国では、速報ニュースを画像としてWeChatで拡散することが多いといい、今回のBSV急上昇の発端は暗号通貨メディア「Coinbull」を装った者がこの画像テンプレートを利用してフェイクニュースを作り出したことにあります。

Coinbullを装ったフェイクニュース画像

問題となったフェイクニュース画像には「クレイグ・ライト氏が最大のBTCウォレットからバイナンスへ50BTCを送金し、自身がサトシであることを証明した。CZはBSVを再上場しツイッター上で公式に謝罪することを決めた」と書かれています。

BSV主導者のクレイグ・ライト氏は、自身がビットコインの祖「サトシ・ナカモト」であると主張し、裁判や著作権取得などをめぐり騒動を起こしています。

この一件を受け、バイナンスなど反ライト氏派の取引所一部はBSVを上場廃止する措置を取りました。

「最大のBTCウォレット」とはネットワーク史上初めてBTCをマイニングしたアドレス(ウォレット)のことを指し、このウォレットのプライベートキーを持っていれば自身がナカモトであることを証明できます。

今回拡散された偽情報は、ライト氏がこのアドレスからバイナンスに50BTCを送金することで自身の主張が正しいことを証明し、バイナンスのCEO・Changpeng Zhao氏がBSVを再上場・ツイッターで謝罪するとしたものです。

CZ氏は今回の一件に関して一切コメントしていません。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事