多機能で便利!ポートフォリオアプリCoin Statsの特徴・使い方まとめ
2018/12/27

多機能で便利!ポートフォリオアプリCoin Statsの特徴・使い方まとめ

さっちゃん【CRYPTO TIMES公式ライター】

さっちゃんCRYPTO TIMES公式ライター

2017/12のピーク時から仮想通貨に触り始めました。こちらでは通貨・プロジェクトについてまとめた記事を書くことが多いです。クリプト外ではWebまわりの集客、広告に携わっていたりします。

Coin Stats(コインスタッツ)は充実した機能と高い操作性が人気の仮想通貨専用ポートフォリオアプリです。

初心者から上級者まで、ずっと使い続けられるアプリになっています。

こちらのページでは、そんなCoin Stats(コインスタッツ)の特徴使い方についてまとめています。

これを読めば、Coin Statsを使いこなして仮想通貨の資金管理を効率化することができますよ!

仮想通貨ポートフォリオアプリ「Coin Stats(コインスタッツ)」の5つの特徴を紹介!

仮想通貨ポートフォリオアプリ「Coin Stats(コインスタッツ)」には資産を管理する上で便利な機能がたくさんあります。

一つずつわかりやすく実際の画面とともに確認していきましょう!

Coinmarketcapと連携していて時価総額をリアルタイムで確認できる

Coin Statsで時価総額を確認する

Coin StatsはCoinmarketcapと連携して、時価総額をリアルタイムで確認することができます。

時価総額も変動が激しい仮想通貨なので、いちいちCoinmarketcapを開かなくてもアプリから確認できるのはかなり便利ですよね。

時価総額は資金がその通貨にどれだけ流れているのかを確認できるのできちんとチェックしておきましょう!

ウォレットの残高を自動で読み込んで資産を確認することができる

Coin Statsの自動資産同期機能

Coin Statsにウォレット情報を登録しておけば、そのウォレットで資産の移動があった時にはアプリが収支を自動計算してくれます。

そのため、もう手動で入金・出金・トレードなどを記録する必要はありません。

トレードも数を重ねると毎度の記録が面倒になるので、このような自動同期機能があると助かりますよね。

資産の割合が円グラフで見られる

自分の保有している資産を通貨別に色分けして円グラフに表示してくれる機能があります。

そのため保有通貨の割合が一目で確認することができるので分散投資ではとても重宝します。

Cehck
保有通貨に偏りがあると思わぬ暴落で資産を大きく減らしてしまうことがあります。リスクを抑えるためには分散投資をしましょう。

保有通貨とは別に仮想通貨のお気に入り登録ができる

気になる通貨をお気に入り登録しておくと、保有していない通貨でも価格情報などを簡単にチェックすることができます。

現在は保有していないけど値動きはチェックしておきたい通貨」はこの機能を使ってウォッチしておきましょう。

トレード機会を逃さないためにも使いこなしたい機能ですね。

資産が5000ドル(約55万円)を超えると有料になる(Coin Stats Pro)

Coin Statsは、資産が5000ドル(約55万円)を超えると有料になってしまうというデメリットがあります。

料金は月払いで約550円、年払いで約3000円です。

突然の通知にびっくりするかもしれませんが、資産が5,000ドルが超えたら案内が来ることを覚えておきましょう。

案内はどのようにくる?
Coin Stats Proは、アプリ内で急に通知がきます。通知がきたら一部機能が制限され、料金を支払うと機能が解除される仕組みになっています。

Coin Stats(コインスタッツ)の使い方・見方を解説!

それではこれからCoin Stats(コインスタッツ)の使い方、それぞれの画面の見方を実際のアプリの画像を使いながら解説していきます。

実際にアプリをダウンロードして操作しながら読み進めると理解が深まりますよ!

ダウンロード・インストールはAppstoreかGooglePlayから

Coin Statsのアイコン

こちらがアプリのアイコンです。

AppstoreかGooglePlayからダウンロードできるので間違えないようにダウンロードしましょう!

言語を日本語に設定する

初期設定ではEnglishになっているので、まずは日本語設定の仕方を説明していきます。

Coin Statsの日本語設定

MoreからSettingをタップします。

Coin Statsの言語設定

languageという項目をタップすると言語が選択できるようになっています。

JapaneseをタップするとCoinStatsの日本語設定は完了です。

仮想通貨の時価総額を確認する

Coin Statsの時価総額の確認方法

Main画面から時価総額を確認したい通貨を検索します。

Coin StatsでのXRPの時価総額

通貨を選択すると様々な情報が出てきます。

その中のVolume 24hという項目が24時間あたりの時価総額です。

Point
時価総額以外にも、価格や24時間(1日・1週間)の値動き、総供給枚数なども確認することができます。

ポートフォリオに保有通貨を追加する

Coin Statsの仮想通貨追加方法

下のメニューからPortfolioをタップして右上の+マークをタップすると、画像のような画面になります。

ADD MANUAL TRANSACTIONをタップします。

Coin Statsのポートフォリオ

ポートフォリオに追加したい通貨を検索します。

Coin Statsの仮想通貨管理

画像のような画面が表示されるのでTotal TRXに現在保有している枚数を入力します。

次にPriceに購入した価格を入力してADD TRANSACTIONで追加完了です!

価格を簡単にチェックできるウィジェットを設定する

ウィジェット機能とはスマホのアプリのショートカットのことです。

アプリをスマホの画面に表示することができます。

Coin Statsのウィジェット

画像ようにポートフォリオの通貨の価格をスマホの好きな画面に表示できます。

もちろんiPhoneなどのiSO端末でも表示することができますよ!

Coin Stats(コインスタッツ)の評判・口コミを確認しよう

Coin Stats(コインスタッツ)の評判や口コミについても確認しておきましょう、

実際のユーザーの声も確認しておくと、使用感がよりリアルにイメージできますよ!

評判の数としては少なめでしたが、ユーザー認証によりデータを引き継げることなどが便利のようなポジティブな評判が多いです。

日本取引所への未対応、価格のズレなど、多少気になる部分はありそうですが、使って試してみる価値はありそうですよね。

充実した機能で仮想通貨取引を効率化しましょう!

Coin Stats(コインスタッツ)で仮想通貨の資産管理を効率化しよう

Coin Statsのアプリ画面

Coin Stats(コインスタッツ)の特徴や基本的な使い方についてまとめました。

Coin Stats(コインスタッツ)はポートフォリオ機能を始め、仮想通貨のいろいろな情報をアプリ1つで管理することができるので、仮想通貨取引を効率化してくれる強力な便利ツールです。

まずはインストールして、いろいろ触りながら使い方を身につけていきましょう!

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事