CoinEx|従来の先物契約と無期限先物契約の違いについて
   公開日 : 2022/06/17

CoinEx|従来の先物契約と無期限先物契約の違いについて

アラタ | Shingo Arai

2017年5月に仮想通貨への投資を開始。ブロックチェーンや仮想通貨の将来に魅力を感じ、積極的に情報を渋谷で働く仮想通貨好きITリーマンのブログを通じて発信するように。

ct analysis

暗号業界に参加したばかりの初心者の多くは、通常の先物(受渡契約とも呼ばれる)と無期限先物の区別がつきにくいことに気づきます。さらに新投資家は、通常の先物と無期限先物のどちらを選択すべきかについても、しばしば混乱します。今日はこの2つの違いについてお話ししましょう。

まず通常の先物取引は、先物取引の取引対象、原資産を取引するものです。先物取引所が統一的に作成した標準的な契約となっています。従来の先物取引は、現物または金融商品を、指定された量と質で引き渡すことを定めています。

例えば、シカゴ商品取引所の規則では、小麦の先物契約の取引単位は5,000ブッシェルであり、トレーダーが小麦の先物契約を購入すると、指定された満期日に5,000ブッシェルの小麦を入手することができます。

無期限先物契約は、従来の先物契約に類似した暗号デリバティブの一種です。無期限先物の市場は証拠金付きのスポット市場に似ており、無期限先物の価格は資金調達率を介して原資産のスポット価格に固定されます。従来の先物契約と比較して無期限先物の最大の特徴は、受渡日や決済日がなく、トレーダーが無期限にポジションを保有することができる点です。

例えば、トレーダーが暗号取引所のBTC/USDTリニア契約市場でポジションを開始したとすると、清算されない限り、あるいは手動でポジションを閉じることを選択しない限り、そのポジションを永久に保持することができます。トレーダーは、いかなる受渡日にも制限されません。

無期限先物と従来の先物の主な相違点は以下の通りです。

1.原資産の違い

従来の先物取引の原資産は、大豆、原油、株式、債券など、現物商品または金融資産であることがほとんどです。無期限先物契約を取引する場合、主な原資産は暗号資産です。例えば、リニア契約の原資産は、BTC/USDT、ETH/USDTなどです。

2.取引時間の違い

先物取引所が定める従来の先物取引の取引時間は、通常1日9時間で、月単位、四半期単位、年単位で受渡し・決済が行われます。無期限先物契約は24時間365日取引可能であり、ユーザーは暗号取引所でいつでも無期限先物を取引することができます。さらに、無期限先物には受渡し/決済日がありません。

3.仕組みの違い

従来の先物取引では、クローバックという仕組みがよく使われており、極端な価格変動により一部のトレーダーがポジションの清算が間に合わず、証拠金で損失をカバーできなかった場合、利益を得たすべてのトレーダーがクローバック料を支払って破産損失を負担しなければなりません。一方無期限先物取引では、市場リスクを最小限に抑えるために、相手のポジションを減らすADL(Auto Deleveraging)という仕組みが採用されることが多いです。CoinEx先物では、保険基金とADLをカバーする複数の仕組みを導入し、保険基金により、ポジションが破綻してもクローバックが発生しないようにしていることが注目されます。

4. 無期限先物取引の価格は、スポット価格と密接に結びついたものが多い

原資産のスポット価格から乖離する可能性のある従来の先物契約とは異なり、無期限契約は通常、追跡する原資産の価格と密接に結びつきます。言い換えれば、無期限先物契約の価格は、スポット価格と密接に関連しています。

無期限契約はスポット価格に固定されているため、悪意のある市場操作によって強制的に清算されることはほとんどありません。しかし従来の先物取引は、そのようなリスクにさらされます。また従来の先物取引の価格は、通常、取引所のオーダーブック価格と同じであり、「ベストビッド価格」と「ベストアスク価格」に影響されることになる。

なおCoinExでは、価格の乖離を最小限に抑えるために、マークプライス(主要取引所の先物価格から決定)という独自の価格メカニズムを採用しています。また、先物価格がスポット価格とほぼ同じになるように、資金調達率という仕組みも採用している。

とはいえ、初心者はどんな先物を選べばいいのでしょうか?初心者の方には、まず無期限先物から始めることをお勧めします。永久凍土は有効期限がなく、いつまでもポジションを持ち続けることができます。またレバレッジを柔軟に調整することができます。例えば、CoinEx 先物のレバレッジは最大100倍で、ユーザーはポジションを建てた後、自由に比率を調整することが可能です。このように、CoinExは柔軟にリスクを回避しながら、最適な取引体験を提供することができるのです。


Sponcerd Article

※本記事は企業が発信するプレスリリース記事となります。サービスのご利用、お問い合わせは直接ご提供元にご連絡ください。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事