2019年に死亡した仮想通貨プロジェクトは2018年と比較して、約20%減の518件に
   公開日 : 2020/01/09

2019年に死亡した仮想通貨プロジェクトは2018年と比較して、約20%減の518件に

アラタ | Shingo Arai

2017年5月に仮想通貨への投資を開始。ブロックチェーンや仮想通貨の将来に魅力を感じ、積極的に情報を渋谷で働く仮想通貨好きITリーマンのブログを通じて発信するように。

ct analysis

LONGHASHによると、2019年に死んだブロックチェーンのプロジェクトは2018年と比較して、約20%減少の518件であったことがわかりました。これらのデータはDeadCoins.comのデータを元に分析がなされています。

DeadCoinsには、2017年9月以降に死亡した1,840の暗号化プロジェクトに関するデータがあり、その内、2019年には合計518件のプロジェクトが死亡し、2018年に死亡した647プロジェクトよりも20%少ない事がわかっています。

DeadCoinsでは死亡、ハッキング、詐欺、パロディに分類されており、2018年、2019年では詐欺のプロジェクトがそれぞれ、58%,55%と半分以上を占めており、次に多かったのが死亡でした。

2019年に死んだプロジェクトは、第1四半期が殆どを占めています。

DeadCoinsに関しては過去にCRYPTO TIMESの下記の記事でも紹介をしています。

記事ソース : LongHash

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事