DeCurret(ディーカレット)、暗号資産で電子マネーをチャージできるサービスを開始
2019/08/21

DeCurret(ディーカレット)、暗号資産で電子マネーをチャージできるサービスを開始

Yuya【CRYPTO TIMES公式ライター】

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

分散型台帳技術の技術・応用両側面を幅広く学んでいます。

国内で暗号資産関連事業を展開するDeCurret(ディーカレット)は21日、プラットフォーム上のウォレットに保管されている暗号資産で各種電子マネーをチャージできるサービスを開始しました。

今回追加された新機能では、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、XRP、ライトコイン(LTC)、イーサリアム(ETH)を所定レートで日本円に換算し、auWALLET、楽天Edy、nanacoギフトのいずれかにチャージすることができます。

また同社は既存の現物取引サービスに加え、証拠金取引サービスも開始しました。証拠金市場では、現物市場同様上記の5銘柄が取引でき、最大レバレッジは4倍となっています。

DeCurretは今年4月に暗号資産交換業者として登録されたばかりですが、取引所事業以外の暗号資産関連事業の提供にも力を入れています。

記事ソース: Twitter / DeCurret

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事