BlockWater Capitalによりインキュベートされた取引所『DFlow』が2月7日にローンチ!
2019/02/02

BlockWater Capitalによりインキュベートされた取引所『DFlow』が2月7日にローンチ!

アラタ

アラタ

2017年5月に仮想通貨への投資を開始。ブロックチェーンや仮想通貨の将来に魅力を感じ、積極的に情報を渋谷で働く仮想通貨好きITリーマンのブログを通じて発信するように。2017年6月に初めてICOへの参加も行い、ICOの魅力に取りつかれ、積極的にICOに投資していくように。Crypto Times運営者の1人。好きな食べ物はラーメンとたくあん。

先日、韓国滞在レポート②でインタビューを実施したBlockWater Capitalがインキュベートした取引所DFlowが2月7日に正式ローンチします。

DFlowは過去にBlockWater Capitalにも在籍していたIssac Lee氏が手がける取引所となっており、今後、ブロックチェーンスタートアップ企業やプロジェクトにとって新しい機会を提供するフェアなプラットフォームの役割を目指しています。

韓国では現在、法令を遵守しない取引所が乱立するという問題点があります。DFlowは韓国の法令に遵守しつつ、セキュリティ面にも力を入れ、ユーザーに対し、質の高いサービスの提供を行っていきます。

昨日にはDFlowのホワイトペーパーも公開されています。

DFlowが発行するDFLトークンとは

DFlowの最大の特徴の一つとして、DFlowエコシステムの発展に必要なDFlowトークンが存在します。DFlowトークン (DFL) をホルダーが保有することで、全取引の過程にて発生した取引手数料を報酬として受け取ることが可能になります。これはDFlowの収益の最大80%が分配されるようになっています。

現在、DFlowトークン (DFL) は購入ができませんが、2月7日のローンチ前にDFlowに登録しておくことで、ジェネシスマイニングに参加することが可能となり、固定価格でDFL購入が可能となります。

DFlow登録

DFlowのロードマップ

また、現在発表されているロードマップによるとPOS/DPOSのマイニング、Custody、IEOサービスなどを今後は提供していく予定となっています。

DFlowは、「競争力のあるブロックチェーンプロジェクトを支援するための第一歩」にてハッシュレートトークン(HRT)の上場を決定しています。DFlowは取引所のローンチ後、2月にHRTの取引所公開(IEO)及び、上場を推進する予定です。

SNS

今後のDFlowのアナウンスに関しては下記のSNSやTelegramから情報を追うことが可能になっています。

DFlow ホームページ https://dflowx.com/

DFlow 公式Twitter(English) https://twitter.com/DFlow_Official

DFlow 公式Twitter(日本語) https://twitter.com/DflowJ

DFlow Telegram(English) https://t.me/DFLOW_ENG

DFlow Telegram(日本語) https://t.me/joinchat/F2dn2EyHBoz9qQUeuxwRHQ

DFlow ホワイトペーパー https://dflowhelp.zendesk.com/hc/en-us/article_attachments/360019807451/DFlow_Whitepaper.pdf

この記事を書いたライター

アラタ

アラタ

2017年5月に仮想通貨への投資を開始。ブロックチェーンや仮想通貨の将来に魅力を感じ、積極的に情報を渋谷で働く仮想通貨好きITリーマンのブログを通じて発信するように。2017年6月に初めてICOへの参加も行い、ICOの魅力に取りつかれ、積極的にICOに投資していくように。Crypto Times運営者の1人。好きな食べ物はラーメンとたくあん。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事