Facebookの暗号通貨「Libra(リブラ)」 広告閲覧報酬付きステーブルコインか
   公開日 : 2019/05/04

Facebookの暗号通貨「Libra(リブラ)」 広告閲覧報酬付きステーブルコインか

Yuya【CRYPTO TIMES公式ライター】

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

CRYPTO TIMESの記事編集全般を担当しています。バックグラウンドは経済学とファイナンスなので、政府発行型暗号資産の仕組みや、行動ファイナンス的観点から見る市場の動きなどに興味があります。

Facebookが開発中の暗号通貨に関するより詳しい情報がウォール・ストリート・ジャーナルの報道からわかりました。

関係者が同紙に伝えたという情報によれば、このプロジェクトは「Libra(リブラ)」と呼ばれており、開発開始からすでに一年以上が経っているといいます。

Facebookはリブラの開発に際し10億ドルほどの資金調達を目指しており、ビザマスターカードファースト・データなどのペイメントプロバイダに声をかけたといいます。

関係者によれば、この調達資金には「コイン(リブラ)の価値を支える」役割があるといい、リブラはおそらく米ドルと連動したステーブルコインであると考えられます。

昨年末は、FacebookがWhatsAppユーザー向けのデジタル通貨を開発しているという報道が話題になりましたが、今回この件についての情報はありません。

リブラはFacebook内外のオンラインペイメントに使用できるとされています。また、プロジェクト内では広告閲覧に際してユーザーにリブラで報酬を支払うスキームも議論されているといいます。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事