XRPウォレットのGatehub、ハッキングでアカウントデータ140万件が流出か
   公開日 : 2019/11/20

XRPウォレットのGatehub、ハッキングでアカウントデータ140万件が流出か

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

Ars Technicaは今月20日、セキュリティ研究者のTroy Hunt氏が、暗号資産XRPなどを保管できるウォレット「Gatehub」から140万件相当のアカウントデータが流出したことを発見したと報じました。

Hunt氏によれば、流出したとみられるデータの中にはGatehubアカウントの登録メールアドレスやパスワード、二段階認証キー、パスフレーズ、ウォレットハッシュなどが含まれているといいます。

報道によれば、Gatehub公式はウォレットハッシュが不正にアクセスされた形跡は見つからなかったと述べています。

Gatehubは過去数回にわたりアカウントデータの流出騒動を起こしているため、個人レベルでの万全なセキュリティ対策が必要になるものとみられます。

ソース: Ars Technica

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事