GMOが新たなマイニングマシン GMO Miner B3を発表
   公開日 : 2018/07/04

GMOが新たなマイニングマシン GMO Miner B3を発表

ShotaCRYPTO TIMES 公式ライター

CryptoTimes リサーチャー | パブリックからエンタープライズまでブロックチェーンの技術, 仕組み, ユースケース, 動向などを幅広くリサーチしています。クリプトエコノミクス, プログラマブルマネー辺りのコンセプトに興味があります。

ct analysis

この記事の3つのポイント!

  • GMO Minerが新たなマイニングマシンを発表
  • 従来モデルのおよそ1.5倍の(最大)33THのハッシュパワーを有する
  • 自動で収益の最大化のためにハッシュレートを調整する機能を持つ

記事ソース:GMO Miner 公式サイト

7月2日、GMOMinerからTwitterにて新たなマイニングマシンであるGMO Miner B3の発表が行われました。

公式サイトによれば、従来モデルのGMO Miner B2が予定販売数に達したため、今回新たなモデルであるB3の発表に至ったようです。

GMO Miner B3は公式サイトの比較によれば、従来のB2モデルの約1.5倍近く高い最大ハッシュレートの理論値を有しており、性能面においても大きな改善が見られます。

画像元:GMO Miner公式サイト

画像の通り、アルゴリズムはBTCやBCHなどで用いられているSHA256に対応しています。

また、世界中でのハッシュレートの多少に応じて消費電力を調整する機能が備わっており、これにより収益の最大化が見込むことができます。

7月の販売価格は1,999USDとなっており、これはBTCやBCH、現金での受付になっているようです。

ハッシュレートと収益を計算できるサイトはこちら:Crypto Compare

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事