貴金属採掘をブロックチェーンで管理するInnovaMinexがフィジカルコイン発行を発表 先着でフィジカルコイン発行記念エアドロップを実施
2018/11/23

貴金属採掘をブロックチェーンで管理するInnovaMinexがフィジカルコイン発行を発表 先着でフィジカルコイン発行記念エアドロップを実施

アラタ

アラタ

2017年5月に仮想通貨への投資を開始。ブロックチェーンや仮想通貨の将来に魅力を感じ、積極的に情報を渋谷で働く仮想通貨好きITリーマンのブログを通じて発信するように。2017年6月に初めてICOへの参加も行い、ICOの魅力に取りつかれ、積極的にICOに投資していくように。Crypto Times運営者の1人。好きな食べ物はラーメンとたくあん。

貴金属採掘のブロックチェーン管理プロジェクトであるInnovaMinexは、プロジェクトの普及のためにフィジカルコインの発行を発表しました。これはスーベニアメダルではなく、貴金属の硬貨やインゴットであるのは注目すべきことです。

ゴールドビットコイン

InnovaMinexは、対応する暗号通貨ロゴでブランド化される貴金属のインゴットと同様に、一連の金銀の暗号通貨をリリースする予定です。

当初は1グラム~100グラムの金製及び銀製のコインとインゴットを作成する計画です。コインは限られた範囲で発行され、既にデザインに着手しています。

フィジカルコインの発行を記念して先着100名に$20ドル相当のエアドロップを実施します。参加方法は公式Telegramグループhttps://t.me/innovaminex_jpの投稿をご覧ください。

なぜ暗号通貨なのか?

ブロックチェーン技術を使用することで金と他の貴金属の追跡をできるようにし、採掘の管理、運送、完成した部品の処理を確かなものにします。それにより買い手が、購入した金属又はその金属から作られるプロダクトの履歴を確認できるようになり、また同様に貴金属が鉱山を離れた時から最終的な消費者に届くまでのプロセス全体が確かなものになります。つまち自分が購入した、金で作られたプロダクトやその他の宝石が合法的な認定基準に従ったものであることの証明が可能になります。

私たちの最終的な目標はINXを通して最終的な消費者価格を下げ、ブロックチェーンにより全ての処理の透明性と安全性を担保することで、金その他の貴金属をより多くの層の人々に入手しやすくすることです。

採掘事業について

InnovaMinex株主のMinexCorpはコロンビアに金、銀、亜鉛に富んだ鉱山での採掘事業という、現在進行中の実業を持っています。GUAYAQUIL, VIZCAYA, BOLIVAR 2, ANTIOQUIA 3, MINEX 7, MINEX 12、そしてTOLIMAといったマイニングプロジェクトが既にローンチされています。

GUAYAQUILの処理工場は現在まさに建設中です。(工場は金鉱の処理向上のための洗浄を行う予定です) 2019年の第1四半期末から操業を開始し、さらに2022年にはTORIMAプロジェクトがローンチされ鉱物の処理にて運用される予定です。その他のプロジェクトは精製を必要とする鉱業のためものです。

名称:Innovaminex OU

代表者:フェルディナンド・ガルシア・サンズ

所在地:Tallinn, Lasnamae linnaosa, Peterburi tee 53-101, 11415

事業内容:貴金属関連産業のブロックチェーン管理

CRYPTO TIMES LINE@で情報ゲット!

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事