IOST x Liebi、クロスチェーンブリッジのローンチ、インターオペラビリティーにおけるブレークスルー
   公開日 : 2020/03/02

IOST x Liebi、クロスチェーンブリッジのローンチ、インターオペラビリティーにおけるブレークスルー

アラタ | Shingo Arai

2017年5月に仮想通貨への投資を開始。ブロックチェーンや仮想通貨の将来に魅力を感じ、積極的に情報を渋谷で働く仮想通貨好きITリーマンのブログを通じて発信するように。

現在のブロックチェーン業界では、ほとんどすべてのブロックチェーンプロジェクトは、独自のユーザー、トークン、DAppで構成された独立したエコシステムであり、外部との接続が不足しています。

これは、一般的なブロックチェーンの将来の開発に対する潜在的な障壁です。 IOSTは、障壁に対する究極の解決策はクロスチェーンテクノロジーによるものだと考えています。

2019年8月、IOSTはシンガポールのInfocomm Media Development Authority(IMDA)と協力して、最高のインターオペラビリティーソリューションを模索しました。

分野で豊富な経験を持つ中国の開発チームであるLiebiが、IOSTと他のブロックチェーン間の情報、トランザクション、資産価値の転送を可能にするシームレスなIOSTクロスチェーンブリッジで、IOST開発チームと協力するパートナーとして選ばれました。

IOST Cross-Chain Bridge:価値のあるインターネットを実現

ブロックチェーンが直面する多くの問題の中で、それらの間の弱い相互運用性(もしあれば)が大衆の採用を大きく制限しています。

プライベートおよびパブリックブロックチェーンの両方にとって、価値のインターネットを実現するための鍵はクロスチェーンテクノロジーにあります。

これは、ブロックチェーン業界の分離主義の解決策であり、拡大と外部世界とのつながりの橋渡しです。IOSTクロスチェーンブリッジを介して、IOSTブロックを簡単に転送し、リレーチェーンを通じて異なるブロックチェーンネットワークにマッピングできます。

ユーザーにとって、IOSTクロスチェーンブリッジは、クロスチェーン資産トランザクション、およびリレーチェーン内の他のサービスを有効にします。 DeFi、DEX、ステーキングなど。資産の流動性を高め、セキュリティを強化できます。

開発者にとって、IOSTクロスチェーンブリッジは、クロスチェーンスマートコントラクトの相互運用を可能にし、マルチチェーン開発コストを削減し、マルチチェーンユーザー共有、データ相互接続、および相互運用性を実現できます。

IOSTクロスチェーンブリッジのアーキテクチャと開発の進捗

IOSTクロスチェーンブリッジは、Substrateフレームワークベースのオープンソースプロジェクトです。

リレーサービスおよびマルチ署名メカニズムと組み合わせることで、IOSTのコア機能を変更することなく、安全で柔軟でスケーラブルなクロスチェーンを構築できます。

全体的なソリューションには、チェーン間通信、ランタイムモジュール、保証付きセキュリティが含まれます。

現在、RUST-IOST RPCインターフェースカプセル化、IOSTノード変換などを含む、チェーン間通信のベースモジュールの開発に取り組んでいます。

このソリューションでは、変換されたIOSTライトノードは、IOSTメインネットによってブロードキャストされるトランザクションをアクティブに収集し、 次にRelay ServiceはMerkle Treeブロックヘッダーを確認し、最終的にデータを転送します。

一方、サイドチェーンは、Relay Serviceからブロックを受信し、それらをリレーネットワークにパッケージ化して、ブロックデータを他のブロックチェーンネットワークと共有します。

同様に、IOSTライトノードは、Relay Serviceから転送された他のネットワークのブロックも収集し、検証後、IOSTメインネット上でブロードキャストします。そのため、ユーザーはIOSTメインネット上に展開されたクロスチェーンスマートコントラクトを直接適用して、操作を完了できます。

記事ソース : Medium

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事